「アッシジへ行く」

高山辰雄墨画集

講談社 より引用





スイス・フランス・イタリアへの旅を素朴な墨画と散文で綴るものだが、

写真とは異なった墨画独特の空間が広がっている。

(K.K)




本書より引用


夕日に照り輝くアッシジの丘が見えます。三度目にやっとたどりついた道、松岡

先生はどのようにしてこの道を通られたのだろうか。寺院の大きい列柱の横を

車で登りながら、ふと思ったのでした。食後八時過ぎ、フランチェスコ寺院へ散

歩しました。広場の両わきにある回廊の暗いあかりの下の石だたみをのぼって

正面に出ました。照明で黒い夜空にクッキリと黄土の色で浮かんでいます。左

肩に三日の月が星をつれて出ていました。風もなく、暑くも寒くもない夜でした。

寺院の隣にある宿スバシオに帰り、眠るに惜しく広間に出て腰かける。二十畳

ぐらいの部屋は賑わっています。テレビを見ながら土地の人が幾人かいました。

テレビは、日本で大分前に見たレオナルド・ダ・ビンチを白黒でやっていました。

次の日は朝から、寺の数々の壁画を見ました。フランチェスコやクララがこの丘

や野を歩いた頃、八百年前はどんなところだったのだろうか。聖母の絵や、

フランチェスコ伝の絵などくわしく知りたい気になります。こまかい雨が時々落ち

てきて、アッシジはいっそう灰色のなかに沈んでゆきました。山の上から遠く、

ウンブリアの野を見渡す。点在する小さな町、古い寺院、歴史の厚みと美しい

自然。北イタリアのアッシジに、私は立っていました。


 




2012年7月27日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。







原罪の神秘



キリスト教の原罪、先住民の精神文化を知るようになってから、この原罪の意味するところが

何か考えるようになってきた。



世界の先住民族にとって生は「喜びと感謝」であり、そこにキリスト教で言う罪の意識が入る

余地などない。



ただ、新約聖書に書かれてある2000年前の最初の殉教者、聖ステファノの腐敗していない

遺体、聖フランシスコと共に生きた聖クララの腐敗を免れている遺体を目の前にして、彼ら

の魂は何かに守られていると感じてならなかった。



宇宙、そして私たちが生きているこの世界は、未だ科学的に解明できない強大で神秘な力

に満ち溢れているのだろう。



その神秘の力は、光にも、そして闇にもなる特別な力として、宇宙に私たちの身近に横た

わっているのかも知れない。



世界最古の宗教と言われるシャーマニズムとその技法、私が感銘を受けたアマゾンのシャ

ーマン、パブロ・アマリンゴ(NHKでも詳しく紹介された)も光と闇の二つの力について言及し

ている。



世界中のシャーマンの技法の中で一例を上げれば、骨折した部分を一瞬にして分子化した

のちに再結晶させ治癒する光の技法があれば、病気や死に至らせる闇の技法もある。



これらの事象を踏まえて考えるとき、その神秘の力が遥か太古の時代にどのような形で人類

と接触してきたのか、そのことに想いを巡らすこともあるが、私の力の及ぶところではないし、

原罪との関わりもわからない。



将来、新たな遺跡発見や考古学・生物学などの各分野の科学的探究が進むことによって、

ミトコンドリア・イブを祖先とする私たち現生人類、そしてそれより先立って誕生した旧人

言われる人たちの精神文化の輪郭は見えてくるのだろう。



しかし私たちは、人類・宗教の歴史その如何にかかわらず、今を生きている。



原罪が何であれ、神秘の力が何であれ、人間に限らず他の生命もこの一瞬・一瞬を生きて

いる。



前にも同じ投稿をしたが、このことだけは宇宙誕生以来の不変の真実であり、これからも

それは変わらないのだと強く思う。



最後にアッシジの聖フランシスコが好きだった言葉を紹介しようと思います。尚、写真は

聖フランシスコの遺体の一部で大切に保存しているものです。



私の文章で不快に思われた方、お許しください。



☆☆☆☆



神よ、わたしをあなたの平和の使いにしてください。

憎しみのあるところに、愛をもたらすことができますように    

いさかいのあるところに、赦しを

分裂のあるところに、一致を

迷いのあるところに、信仰を

誤りのあるところに、真理を

絶望のあるところに、希望を

悲しみのあるところに、よろこびを

闇のあるところに、光を

もたらすことができますように、

助け、導いてください。



神よ、わたしに

慰められることよりも、慰めることを

理解されることよりも、理解することを

愛されることよりも、愛することを

望ませてください。



自分を捨てて初めて

自分を見出し

赦してこそゆるされ

死ぬことによってのみ

永遠の生命によみがえることを

深く悟らせてください。

☆☆☆☆




(K.K)









アッシジの聖フランシスコ(フランチェスコ)

神を待ちのぞむ(トップページ)

天空の果実

私の愛する写真集・絵本

聖フランシスコに関する写真集・映画に戻る