未来をまもる子どもたちへ





Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2005 December 24 - Earthrise

(大きな画像)



生命あるすべてのものたちの故郷・地球

その他の画像  






宇宙航空研究開発機構(JAXA)の月周回衛星「かぐや(SELENE)」が

撮影した地球の姿。(2007年10月1日)

JAXA月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)動画撮影成功について





2012年5月15日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。

画像省略

地球の全ての水は月の半分の体積



左上の青い球体は、地球の全ての水(海、川、氷河、地下水)を集めたもので、この青い球体

は半径700km(月の半分の大きさ)しかありません。水が占める割合はもっと大きいものと思っ

ていましたが、このイラストを見て驚いてしまいました。如何に水が地球上で薄く広がっているか、

そして如何に貴重なものであるかを教えられたような気がします。



(K.K)



 




CfA Press Release :
Astronomers Debate Whether Oldest Known Dust Disk Will Ever Form Planetsw

この画像は350光年離れた赤色矮星の連星である、Stephenson 34の周囲

の姿なんだけど、実は太陽系も昔はこのような姿をしており、このちりの円盤

の中から地球などの惑星が産まれてきたんだ。だからこのちりの円盤は数百

万年で消えてしまうんだよ。でもこのStephenson 34の円盤はなんと2,500万歳

というんだ。随分高齢の円盤だけど、これは200歳の人間を見つけるのと同じく

らいの予期せぬ発見だと言われているんだ。でも、これからこのちりの円盤が

どうなっていくのか、研究者でも意見が割れているんだ。




Spitzer Newsroom: Running Rings Around the Galaxy

天の川銀河に巨大な星の流れが3つ発見されたんだけど、これらは互いに

衝突したり引き裂かれたりした銀河や星団の残骸と考えられているんだ。

このリングのうち、最も近いものは地球から1万3千光年の距離に、最も遠

いものは地球から13万光年の距離に存在しているんだよ。私たちの太陽

系は一番大きなリングが銀河の右側と接触しているところに位置している。



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2012 June 4 - Milky Way Galaxy Doomed: Collision with Andromeda Pending



CfA Press Release No.2007-14: When Galaxies Collide, our Solar System Will Go for a Ride

上の画像は今から20億年後の地球の想像図だよ。アンドロメダ座

大銀河(M31)と私たちの天の川銀河は30億年後に衝突すると考えら

れているんだけれど、衝突10億年前はアンドロメダ座銀河がこんな

にも接近してきている。地上からはきっと壮大な眺めになるんだろう

ね。さて、その時の太陽系の未来はどのようなものだろうか。30億

年後、アンドロメダ座銀河との衝突によって、太陽系は銀河の端に

飛ばされてしまうらしい。二つの銀河が完全に合体する50億年後に

は、赤色巨星となっていた太陽はその寿命を終えてしまい。私たち

の太陽系は銀河の中心から10万光年(現在の4倍の距離)も離れ

たところに存在することになるんだ。



2012年6月9日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。





40億年後の地球



250万光年も離れているアンドロメダ座大銀河は時速40万kmで、天の川銀河に近づいてきています。



そして40億年後に天の川銀河に衝突します。



そのシュミレーションがこの画像ですが、40億年後の人類、いや人類も進化の過程の通過点だとすれば、

どのような生物がこの光景を目にすることが出来るでしょうか。



私たちとは全く異なる体つきをしているのか、またその心は何を感じているのか。



進化論が正しいにせよ誤りにせよ、何らかの方向性を生物は与えられているように感じるときがあります。



私は古代の人より現代人が科学の面で進化しているものの、自然と人、人と人の絆は逆に退化している

ように思います。



与えられた方向性とは違う軌道を科学がとるとき、生物の取り囲む環境は物質的にも精神的にも混沌の

中に彷徨うことになるのかも知れません。



40億年後の生物、その生物は現在の混沌をさらに深めているのか、それともこのアンドロメダ座大銀河と

天の川銀河の衝突のように再び一つの身体になっているのか。



それを決めていくのは、現在の私たち一人一人なのかも知れません。




(K.K)



 


2012年2月2日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。

画像省略

20億年後の地球の想像図



手前に見えるのが地球、右に見えるのが太陽、画面に大きく映し出されているのがアンドロメダ

座大銀河(M31)
です。



実はアンドロメダ座大銀河と私たちの天の川銀河は30億年後には衝突すると考えられています。

現在二つの銀河は秒速約300kmという速さで近づきつつあり、上の画像は衝突する10億年前

(今から20億年後)の姿です。



20億年後、もし人類がいたら天空に壮大な眺めを目にすると思いますが、太陽系にとっては衝突

により銀河の端に飛ばされてしまいます。



そして二つの銀河が完全に合体する50億年後には、赤色巨星となった太陽がその寿命を終え

ようとし、地球を含む他の惑星も飲み込まれていることでしょう。



アンドロメダ座大銀河は、肉眼でも見ることが出来ます。私の住んでいる厚木でもぼぅとながら

確認することが出来ます。ただ、写真集で見るような鮮明な姿ではありません。



今見ているアンドロメダ座大銀河の光は230万年前のもので、アフリカで生まれた初期の人類

アウストラロピテクスが生きていた時代に旅立ったものです。人類はこの頃から石器を使用し

たようです。



日本では丹沢山地の巨大噴火(250万年前)がありました。これは1707年の富士山・宝永噴火

に匹敵する大噴火で、当時は海だった関東平野一帯に火山灰が降り積もり、平野の土台を形

成する厚い地層の一部をつくったと言われています。



また約200万年前には、フィリピン海プレートにあった伊豆半島がアジアプレートにある本州に

衝突し、富士山が生まれたと言われています。



☆☆☆☆


「われわれはなぜ死ぬのか 死の生命科学」柳澤桂子著 より引用



36億年の間複製されてきたDNAは、私の生の終わりとともにその長い歴史の幕を閉じようと

している。その一部は子や孫のからだのなかで複製されつづける。36億年間書き継がれた

詩は、最後の一行を生殖細胞に残して私とともにこの世から消え去ろうとしている。



生命の歴史の一瞬に存在し得た軌跡を思うとき、私は宇宙のふところに優しく抱き上げられ、

ジプシー占いの水晶玉のように白く輝いて、宇宙の光に融和しつくすのである。



☆☆☆☆



(K.K)



 


天空の果実 に戻る







双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

神を待ちのぞむ

天空の果実