未来をまもる子どもたちへ


Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2016 June 5 - Comet PanSTARRS and the Helix Nebula



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2015 December 12 - Comet Meets Moon and Morning Star

(さらに大きな画像)



2015年12月12日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。




月、金星とカタリナ彗星(写真はNASAより引用)

5日前の2015年12月7日(日本時間12月8日午前4時30分)に撮影されたものです。

月の右下に明るく輝く星が金星で、写真下に飛行機の翼のような尾をひいているのがカタリナ彗星です。

カタリナ彗星は2013年に発見され、来年(2016年)の1月2日に再接近しますが、どれ程の明るさになるか楽しみですね。





Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2013 March 16 - PanSTARRS from France



2013年3月18日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した写真です。





フランス・アレシアで3月13日に撮られたパンスターズ彗星(写真はNASAより引用)



アレシアは、紀元前52年のローマ軍とケルトのガリア族との戦いの場所で、現在はアリーズ・サント・レーヌ

と呼ばれています。



ローマ軍との戦いに敗れたガリア族の指導者ヴィルサンジェトリクスは、他のガリア人たちの助命を願い、

ただ一人カエサルの前に投降しました。彼はローマに連行され6年後に処刑されますが、19世紀フランス

皇帝ナポレオン三世がアレシアの遺跡を発掘し、この丘にヴィルサンジェトリクスの像を建てることになり

ます。



20歳前後で族長になったヴィルサンジェトリクスは、ガリア諸部族(ガリア人[ガリアのケルト人]諸部族)を、

対ローマ統一部隊としてまとめ上げた優れた指導者であり、近代まではフランス最初の英雄、ガリア解放の

英雄とされていました。



ジャンヌ・ダルク、インディアンのテクムセ(テカムシ)、日本の天草四郎を思い起こさせます。





Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2013 March 22 - Comet Castle

ドイツ・ホーエンツォレルン城とパンスターズ彗星。2013年3月15日に撮られた写真です。


2013年3月23日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した写真です。

ドイツ・ホーエンツォレルン城とパンスターズ彗星(写真はNASAより引用)

1週間前の3月15日に撮られた写真です。

☆☆☆☆





2013年12月5日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿したものです。




(大きな画像)


今年の9月に発見されたばかりのラブジョイ彗星(写真はNASAより引用)



彗星の左側に映っている渦巻き銀河は、北斗七星近くの「りょうけん座」にあるM63です。天の川銀河と同じ大きさを持つと言われて

いますが、実際にこのような神秘的な姿を近くで見てみたいものです。




 

2013年12月、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した写真です。


☆☆☆☆

本日12月5日の夜明け(5時58分〜7時01分)の光景です。

夜明け前、「かんむり座」の近くに位置しているラブジョイ彗星を、双眼鏡で見つけようと

したのですが、薄い雲が出ていたためか、4等級という暗さのためか存在を視認するこ

とはできませんでした。都会では無理なのかな。


☆☆☆☆





2013年11月10日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した写真です。



APOD: 2013 November 9 - Comet Lovejoy with M44



地球に近づきつつあるアイソン彗星(写真はNASAより引用)



肉眼でも見えるだろうと予測されているアイソン彗星。太陽最接近(11月29日)まであと19日だそうですが、

予想通り見ることが出来ればいいですね。



写真の右側の星の星団はプレセペ星団(M44)と呼ばれています。



中国では青白い人魂のようで不気味な存在と映っていたようですが、イギリスでは「蜂の巣」と呼び、インド

では釈迦が生まれた時に、月がこの星団の星座(かに座)に位置していたというので、とても崇められてい

るようです。



M44までの距離は約577光年。ジャンヌ・ダルク、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロなどが脚光を浴びた

時代に、この星団から船出した光が今、地球に届いています。



かに座は冬の大三角の一つ、こいぬ座のプロキオンの近くにあります。





Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2007 November 5 - Comet Holmes Grows a Tail

ホームズ彗星 1892年発見

(大きな画像)



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2007 March 30 - Three Galaxies and a Comet



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2006 October 4 - Comet SWAN Brightens



2013年1月17日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した写真です。




2006年10月に撮られたスワン彗星(写真はNASAより引用)



今年2013年は、ひょっとしたら肉眼でもはっきり見える彗星がやってくるかも知れません。



3月から4月にかけてパンスターズ彗星、11月から12月にかけてアイソン彗星が太陽に

かなり接近するため、明るい尾が期待されています。



先日、天体観望に行ったところで、天文愛好家たちがリニア彗星などを写真撮影していま

したが、10等級という暗さのため、双眼鏡では見ることが出来ませんでした。



長時間の露出で撮られた彗星の写真もいいですが、出来たら肉眼で見たいです。



☆☆☆☆




Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2007 January 15 - Comet McNaught Over Catalonia



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2006 November 6 - The Ghostly Tail of Comet SWAN



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2012 February 28 - The Opposing Tails of Comet Garradd

(大きな画像)


2012年3月5日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。

画像省略


今、北の空に見えるギャラッド彗星(NASAより引用)



ギャラッド彗星は6等の明るさですが、彗星はぼんやりとした姿ですので肉眼では上の写真のようには

見えません。出来れば、空の暗いところで双眼鏡か望遠鏡で見たいものです。



とか言いつつ、私は最近山に行けないでいます。体調が悪かったり、天候不順だったり、月明かりが

あったり、山に行ったら凍結して登れなかったりと近くのゴミ箱を蹴飛ばしそうになりました。



彗星と同じく私の引き出しがすっからかんになる前に、一週間ほど太陽の周りを旅して充電してきます。

読みたい本も沢山あるのですが、そんな時、一瞬にして読み終える魔法を誰か開発してくれないかなと

思います。「速読」という手もあるのですが、私には出来そうにありません。




(K.K)



 





天空の果実 に戻る







双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

雑記帳(魅せられたもの)

神を待ちのぞむ

天空の果実


「天空の果実」に戻る