「夏の星座博物館」

山田卓 著 地人書館


 





「春の星座博物館」 山田卓 著 地人書館

「秋の星座博物館」 山田卓 著 地人書館

「冬の星座博物館」 山田卓 著 地人書館



本書 まえがき より引用

「星は美しい そしてきれい」 野尻抱影・星の先生のこと



野尻さんの、星の名前や伝説に関する貴重な研究と、星と人とのかかわりを実感として

伝えてくれる天文随筆に、どれほど多くの人々が、星の世界へ誘われたことだろう。野尻

さんは、天文学者と書いて“天の文学者”と呼ぶか、あるいは“星の先生”とよぶのがふさ

わしい



「ぼくなんか、ずい分おしゃべりでねえ、話をはじめるってえと、自分の舌がとまらなくて、

なんともしょうがなくなるんです(笑)」 いかにも楽しそうにはなされる先生の話の中に、

自然にたいする愛の言葉が、いくつもてれくさそうにかくれている。



「ぼくは志賀さん(志賀直哉)と、ずい分親しくしたんですが、志賀さんの文章の影響を

うけてますねえ。簡潔に、簡潔にって・・・・。志賀さんも、はなしているときは、冗談いっ

たりおもしろいことをいう人だったけどねえ。文章では形容詞とか、副詞といったものを、

あの人は非常にひかえている。だから、美しいとか、きれいって言葉はなかなか言わ

ない人だった。でもねえ、ぼくが“星三百六十五夜”を書いたとき、ぼくんとこへ初めて

きたんですが、望遠鏡をのぞかせたら“これは美しい、これはきれいだっ!”っていった。

ハハ、それがね、ぼくはとても愉快だった。ハッハハッハ・・・・。



1976年の4月、このとき、先生は91歳であった。


 

本書 あとがき より引用

オリオン霊園



“日本一星の好きな人”という野尻評にたいして「星は好きなだけでなく、実感することが

大事です」という言葉がかえってきた。いい言葉だ



“この道はいつかきた道”見知らぬ土地で、ふとそんな気がすることがある。実は本人は

きていない。しかし、きたことがあるような気がする。それは自分の母親か、あるいは、

それ以前の、いやもっともっと何千年も昔の自分の祖先の体験が、ふと自分の中に蘇る

のかも知れない。同じように、古代の人々の星に対する実感もまた、現代の我々の中に、

蘇ることがあるにちがいない。



野尻先生が昔を調べたのは、そうした実感を掘りおこしたかったからなのだろう。「このご

ろ霊園って言葉がはやってるけれど、ぼくにはオリオン霊園ってのが空にあって、ちゃーん

とできてて、これは誰も入れないんでぼくだけなんですよ(笑) アマゾンの女の兵隊がいて、

門の前に立っているんですよ。槍と盾をもって番をしてますからね(笑)・・・・」



野尻抱影さんは“日本一長く星の実感をもち続けた人”と評すべきだった。先生は1977年

10月30日、93歳のとき、オリオン霊園にむかって旅立たれた。いまごろは、まわりにアマゾン

の女兵たちをはべらせて、楽しい星の話で彼女たちをケラケラ笑わせ、悦にいっておられる

にちがいない。うらやましいかぎりである。さて、私はどこの霊園をえらぼうか?



(参考: オリオン座のγ星の固有名ベラトリックスは、ギリシャ神話の女人国アマゾンの

女兵士のこと。夏のオリオン座は、明け方、東の空にのぼる。)






天空の果実 に戻る







双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

雑記帳(魅せられたもの)

神を待ちのぞむ

天空の果実


「天空の果実」に戻る