「ベロボディアの輪」

シベリア・シャーマンの智慧 オルガ・カリティディ著 

管靖彦訳 角川書店 より引用







本書はカルロス・カスタネダがヤキ・インディアンの呪術師ドン・ファン

との出会いを描いた一連の書籍のロシア版と高く評価されているもの

で、シャーマニズムの本場とも言えるシベリアの古代の叡智を見事に

伝えることに成功している。本書の原題は「聖なる伝統の輪に入る」

という意味を持ち、著者の経験した驚くべき体験を通して読者を、聖な

る王国「ベロボディア」へとひきつけてゆく。

(K.K)


1997.7/25 「インディアンの源流であるアニミズムとシャーマニズム」


 








(本書 より引用)


「今日でも、そのつながりは依然として生きつづけている。けれども、数千年の時の経過と

共に、それは次第次第に隠されたものとなっていった。ほとんどの僧侶にとってすら、その

記憶は主として伝説や神話の形で表される。現在、聖なる知識が保存されている古代の

場所にはさまざまな名前が付与されている。ベロボディアはその一つだ。聖なる知識の保存

は最初の移住を余儀なくされた時から霊的な選民たちの目標だった。かれらが後に残った

のはそのためなのだ。しかし、聖なる知識が真に生き残っていくためには、新しく浮上する

文化の社会生活に絶えず統合されなければならない。そのようにして長期間それは生き

残ってきたのだ。あなたに話した最初の文明の移動はほんのはじまりにすぎなかった。以

来、多くの集団がシベリアに彷徨いこみ、消滅した文明の神秘的なパワーに影響された。

アルタイ地域は新しい文化誕生の沸騰する大釜となった。人々の流れがそこから分離し、

多くの異なった方向へと遠くまで広がっていったのだ。その流れの一つが現代のイランの領

域へと辿りつき、そこで、かれらが携えていった聖なる知識がゾロアスター教として誕生した。

後にこれと同じな流れがその知識の多くをキリスト教へと伝えた。別の流れは現在のインド

やパキスタンへと移住し、その地での社会の確立がヴェーダーンダの伝統の富を生み出し

た。最初の知識の場にシャンバラの名前を与えたタントラ仏教は何世紀にも亘って、その

知識と直接的な交流を果たした。西に赴いた人々は、ケルト人として知られるようになり、

ドルイド教の儀式を通して、共通の源に結びつけられた。このように、アルタイに発するこの

古代文明の神秘的遺産は世界中の多くの偉大な宗教の最初の源泉となったのだ。これらの

さまざまな伝統の内部には、それぞれベロボディアと直接触れたことのある人間がつねに

存在していた。時折、ベロボディアに由来する知識はあなた自身の文明にも開示されてきた。

そのようなことは世界大戦のような人類の真の危機の瞬間に起こった。今また聖なる知識が

あなたがたに開かれつつある。人類が蓄積してきたパワーとエネルギーがもろもろの崩壊を

引き起こす潜在性をもつようになっているからだ。ベロボディアが現代人の意識に接近可能

になりつつあるのは、これまでとはちがった生き方を示すことによって、人類を崩壊から守る

ためなのだ」

ここまで話すと男は黙りこみ、足元の地面に幾何学的な図形を描きはじめた。私は彼の話に

含まれている驚くべき意味に心を奪われ、この場に存在することにほとんど意識を集中できな

い。彼の言ったことについては、こちらからもたくさん言いたいことがあり、すぐにでも議論した

いというほとんど抗しがたい欲求を覚えるが、その欲求と必死に戦い、自分が今いるこの場に

全神経を集中しようとする。私の内部で起こっている葛藤を彼が一部始終了解していることは、

彼の顔の表情を見れば分かる。すると、彼がまた話しだす。今回はとてもゆっくりしたしゃべり

方だ。

「私がしゃべったことが伝説か現実かを決める最終的な決定権はあなたに委ねられている。

しかし、実際には、それを真実とみなす以外に方法はないのだ。この真実は一枚ずつ花弁を

開きながら、美しい霊性の秘宝を惑星全体に広めてきた花なのだ。この花が今まさに咲き誇

り、あらゆる知識の開花として理解されようとしている。そうしたことが起こるのはもうまもない

だろう。あなたは好きなように反応すればよいのだ。戦う道を選んでもよい。あるいは、聖なる

ものの真髄を迎え入れ、美しいいのちの輝きに身を委ねることもできるのだ」


ドミトリエフの手書きの文章はここで終わっていた。


 
 


著者のことば 本書より引用


本書は最近、私の身に起こった出来事をつづった真実の物語である。シベリアの

ノボシビルスクにある精神病院に勤務する私は、ある日、心に悩みを抱える若者

の訪問を受けた。それが事の発端だった。次々に不思議な出来事が重なり、歴史

的に神秘的な場所とみなされているアルタイ山に導かれた私は、そこでシャーマン

がするような驚くべき体験をし、数々の神秘的な啓示を授けられたのである。本書

に記載されている出来事は、ほんのちょっとした例外を除いて、ここに述べられて

いる通りに起こった。多少の修正を加えてあるが、それは家族や友人のプライバ

シーを守るためにしたことである。本文より二字下げで書かれている箇所は私の

日記から直接転載したものだ。会話は記憶の糸をたぐってできる限り忠実に再現

した。本書に使われているさし絵はアルタイ山の古代の墓から発掘された工芸品

の装飾やミイラにほどこされた刺青から取ったものである。

オルガ・カリティディ


 


目次

序章 復活の儀式

第一章 狂気の船

第二章 老シャーマンの死

第三章 死の霊

第四章 アルタイへの旅

第五章 切り裂かれたドラム

第六章 シャーマンの治癒

第七章 精霊の湖

第八章 ベロボディア伝説

第九章 アンナの癒し

第十章 音楽の力

第十一章  馬の背に乗って、走り去れ!

第十二章 自己を形作る方法

第十三章 謎の物理学者

第十四章 患者の自殺

第十五章 人生の第一法則

第十六章 魂の双子

第十七章 若鹿

第十八章 聖なる伝統の源

終章 蘇る真理の火と光

訳者あとがき


 


2012年1月20日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。

画像省略

写真は、デニソワ人(Denisova hominin)を想像したもの。

2008年、シャーマニズムの発祥の地ロシア・アルタイ地方のデニソワ洞窟において発見される。



☆概要(ウィキペデリアより要約)



デニソワ人の化石は約4万1千年前のものとされる。80万4千年前に現生人類であるホモ・サピエンス

の共通祖先から、ネアンデルタール人・デニソワ人の祖先が分岐。64万年前(35万年前の説もある)

にネアンデルタール人から分岐した人類で、現在のメラネシア人のゲノム(遺伝情報)の4〜6%が

デニソワ人固有のものと一致している。



つまり、40万〜30万年前にアフリカを出、中東を経てヨーロッパに拡がった集団がネアンデルタール

人に、中東を経てアジア内陸部に移動した集団がデニソワ人になった。それに遅れて6万〜5万年前

にアフリカを出た我々現生人類の祖先は、中東やアジア内陸部で先住者のネアンデルタール人や

デニソワ人と交雑しながら全世界に拡がり、現在に至った。



☆個人的感想



最初に書いたシャーマニズムの発祥の地と言われるロシア・アルタイ地方は、デニソワ人が約4万年

前まで生きていました。



実は不思議な文献があります。それは「ベロボディアの輪 シベリア・シャーマンの智慧」オルガ・カリ

ティディ著です。私にはこの文献の信憑性を確かめる術もないのですが、デニソワ人の存在が明確

になったのは2008年、この文献が出版されたのがそれより10年以上も前のことです。ただ以前から

このアルタイ地方はシャーマニズム発祥の地として知られていましたのでそれを加味しながら、この

文献の引用をお読みいただけたらと思います。正直私自身これをどのように解釈していいかまだわ

からないのです。



「以来、多くの集団がシベリアに彷徨いこみ、消滅した文明の神秘的なパワーに影響された。アルタ

イ地域は新しい文化誕生の沸騰する大釜となった。人々の流れがそこから分離し、多くの異なった

方向へと遠くまで広がっていったのだ。その流れの一つが現代のイランの領域へと辿りつき、そこで、

かれらが携えていった聖なる知識がゾロアスター教として誕生した。後にこれと同じな流れがその知

識の多くをキリスト教へと伝えた。別の流れは現在のインドやパキスタンへと移住し、その地での社会

の確立がヴェーダーンダの伝統の富を生み出した。最初の知識の場にシャンバラの名前を与えた

タントラ仏教は何世紀にも亘って、その知識と直接的な交流を果たした。西に赴いた人々は、ケルト

人として知られるようになり、ドルイド教の儀式を通して、共通の源に結びつけられた。このように、

アルタイに発するこの古代文明の神秘的遺産は世界中の多くの偉大な宗教の最初の源泉となった

のだ。これらのさまざまな伝統の内部には、それぞれベロボディアと直接触れたことのある人間が

つねに存在していた。」

引用終わり



先にも書きましたが、現在のメラネシア人のゲノムの4〜6%がデニソワ人固有のものと一致していま

すが、人種的にはオーストラロイドと混血したモンゴロイド系の民族です。東部のメラネシア人社会で

は超自然力(マナ)を信仰しており、すべて形あるものに精霊が宿ると信じられていましたが、ハワイ

先住民のカフナにも超自然力(マナ)が存在します。詳しくは最近の自己啓発ブームの中で突然現れ

てきた簡略版の「ホ・オポノポノ」ではなく、「原典 ホ・オポノポノ 癒しの秘法」マックス・F・ロング著を

お読みいただけたらと思います。



デニソワ人はネアンデルタール人から分岐したらしいですが、シャーマニズムと密接な関係と言いま

すか、シャーマニズムはデニソワ人から世界に広まったと思うのが妥当ではないかと感じています。

前に投稿したネアンデルタール人もそれに似た世界観を持っていたと推察していいのではと思いま

す。64万年〜35万年前に既に人類は、ロジャー・ウォルシュが「シャーマニズムの精神人類学」で言

うように、「この人類最古の宗教的・神秘的・医学的・心理学的伝統に関しては、まだまだ多くの謎が

残されている。シャーマニズムについて探求すればするほど、人間の体、心、魂について認知されて

いない側面や可能性があることがわかる。何千年もの長きにわたり、シャーマニズムの精神は、人類

を助け、癒し、導いてきた。それはこれからも、さらなるものを与えてくれるかもしれない」と感じてなり

ません。 



発掘などで得られた情報を基に太古の世界をいろいろ想像してしまいます。

次回は「ホピの予言」に戻りますが、整理したいのでしばらく時間をください。



(K.K)



参考文献

「アナザー人類興亡史 人間になれずに消滅した傍系人類の系譜」

「生物の進化 大図鑑」マイケル・J・ベントン他(監修)

「日本人はるかな旅 展」国立科学博物館 NHK







シャーマニズム(シャーマン)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

世界各地の先住民族の文献