Victor8cho


マルセル・デュシャン (Marcel Duchamp)

(1887年7月28日〜1968年10月2日)



 


 

 


 


 
 


マルセル・デュシャンのチェス棋譜


Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!

棋譜を見るにはブラウザ「Internet Explorer」が必要で、
「Google Chrome」では出来ません。
またJAVA アプレットがインストールされていないと棋譜が表示されません。
Javaコントロール・パネルでのセキュリティ・レベルの設定



 



「完全チェス読本1 はまってまった人々」より抜粋引用

デュシャンはダダイズム、シュールレアリスム、キュービズムの創始者のひとりだが、

チェスにとりつかれすぎて芸術をあきらめたほどだった。彼はパリ(1932年、ズノスコ

=ボロヴスキーを凌ぐ)およびニューヨークのトーナメントで優勝し、チェス・オリンピック

にフランス代表として4回出場し、エンドゲームに関する著作の中で難解な研究書を共

著として出した(「そこで論じている局面は、一生に1度しか出現しないようなものだ」と

彼は自慢げに語っている)。デュシャンはまた、郵便チェスの第1回国際オリンピック戦

でも優勝しているし、ズノスコ=ボロヴスキーの有名なオープニング定跡書をフランス語

に翻訳した。デュシャンの棋歴で頂点となるのはおそらく1930年ハンブルクでのこと

で、フランス対アメリカの対抗戦において、アリョーヒン休場のあおりをくらって、彼は史上

最強のひとりフランク・マーシャルと対戦するはめになった。ところがフランスにとって嬉し

い誤算で、デュシャンはグランドマスターからドローをもぎ取ったのだ。マルセルのチェス

に注ぐ情熱はすごいものだった。1927年、新婚旅行の最中に、彼は何日もチェス・プロ

ブレムを解くのに没頭し、たいていの晩はそのチェス熱をさますために寝るというありさま

だった。失望の1週間が過ぎたのち、頭にきた花嫁のリディは、ある晩こっそりと階下に

おりていって駒を盤に全部糊付けてしまった。驚いたことに、この結婚生活は3ヶ月続い

たという。「チェスを指すのは、何かを設計したり、何か機械を組み立てたりするようなもの

で、それによって勝つか負けるかが決まる。チェスの競技という面はたいしたことではな

い。チェスそのものはきわめて造形的であり、たぶんそれで私はチェスに惹かれたのだろ

う」。1963年に回顧展を催したとき、デュシャンは若い裸の女性とチェスを指した。デュシャ

ンの言うところでは、彼女は「なかなかのびのびしていた」とか。これが体のことを言ってい

るのか、それとも駒組みのことを言っているのかは定かではない。1991年に行なわれた

挑戦者決定準々決勝の開会式には、デュシャンの未亡人ティーニーと、作曲家にして奇人

のジョン・ケージが出席した。そのときの先後の決め方がシュールで、白と黒の便器のどち

らかを取るかで決めたという。


「私はすっかりチェスにのめりこんでいる。昼も夜もチェスだ。だんだん絵を描くのが好きで

なくなってきた」・・・・デュシャンの書簡より 1919年


「赤ん坊には哺乳瓶が必要なように、彼にはチェスを思う存分指すことがどうしても必要なんだ」

・・・・ローシュ(デュシャンの友人)


 





Exhibition: ‘In Focus: Play’ at the J. Paul Getty Museum at the Getty Center, Los Angeles | Art Blart

Man Ray (American, 1890-1976)
[Marcel Duchamp and Raoul de Roussy de Sales Playing Chess]
1925




2013年2月5日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。 



ヴェラ・メンチク(1906-1944)・写真は他のサイトより引用



現在でも光り輝く星・ヴェラ・メンチク、彼女はチェスの世界チャンピオンを倒したこともある実力を持ちながら、

第二次世界大戦のドイツの空爆により、38歳で亡くなる。



上の写真はメンチク(前の女性)がクラブの23人のメンバーと同時対局(18勝1敗4分け)した時の写真である

が、彼女の偉業を称えて、チェス・オリンピックでは優勝した女性チームに「ヴェラ・メンチク・カップ」が現在に

至るまで贈られている。



彼女のような輝く女性の星が再び現われるには、ユディット・ポルガー(1976年生まれ)まで70年もの年月が

必要だった。チェスの歴史上、数多くの神童や天才が出現したが、その中でもひときわ輝いていた(人によっ

て評価は異なるが・・・)のがモーフィー(1837年生まれ)、カパブランカ(1893年生まれ)、フィッシャー(1943年

生まれ)である。



他の分野ではわからないが、このように見ると輝く星が誕生するのは50年から70年に1回でしかない。



20世紀の美術に最も影響を与えた芸術家、マルセル・デュシャン(1887年〜1968年)もピカソと同じく芸術家

では天才の一人かも知れない。1929年、メンチクとデュシャンは対局(引き分け)しているが、デュシャンは

チェス・オリンピックのフランス代表の一員として4回出場したほどの実力を持っていた。



「芸術作品は作る者と見る者という二本の電極からなっていて、ちょうどこの両極間の作用によって火花が

起こるように、何ものかを生み出す」・デュシャン、この言葉はやはり前衛芸術の天才、岡本太郎をも思い出

さずにはいられない。世界的にも稀有な縄文土器の「美」を発見したのは岡本太郎その人だった。



「チェスは芸術だ」、これは多くの世界チャンピオンや名人達が口にしてきた言葉だ。この言葉の真意は、私

のような棋力の低い人間には到底わからないが、それでもそこに「美」を感じる心は許されている。



メンチクの光、芸術の光、それは多様性という空間があって初めて輝きをもち、天才もその空間がなければ

光り輝くことはない。



多様性、それは虹を見て心が震えるように、「美」そのものの姿かも知れない。







   


Fluxlist

John Cage & Marcel Duchamp 1968年

左の女性はデュシャン夫人のTeeny


20th Century at Christie's | New York | May 2016


3-D Printing Brings Marcel Duchamp's Long-Lost Chess Set To Life







麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実


「チェス(CHESS)」にもどる