未来をまもる子どもたちへ


Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2016 January 11 - A Colorful Solar Corona over the Himalayas



2016年1月12日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。





「母の首飾り」と白虹(写真はNASAより引用)


ヒマラヤ山脈にあるアマ・ダブラム(6856m)はネパール語で「母の首飾り」という意味の山です。



この山の近くと言っても、富士山より100mも高い(3867m)ところにラマ僧が修行しているタンボチェ僧院があり、

僧院近くには世界初の厳冬期エベレスト登頂を果した故・加藤保男(植村直己さんと同じく現在まで遺体は

未発見)さんやシェルパ達の慰霊碑が建てられています。



最近、「神々の山嶺」(原作は第11回柴田錬三郎賞を受賞、映画(岡田准一・阿部寛・主演)も近く上映)という

漫画を読みましたが、誰も成し得ないことへの挑戦心の凄まじさを感じさせられるものです。



30年前に冬の谷川岳に登りましたが、山頂付近で吹雪に会い、冬山の恐ろしさと、命がいくつあっても足りない

という想いは今でも心に残っており、先輩の助けがなければ下山出来なかったかも知れません。



この冬登山のために購入した軽くて丈夫なジャケット(エベレスト遠征隊が使用したと店員は話していましたが)

は今では汚れが目立ちますが、その後の登山や外出時など使い続けてきました。



「汚れ」は想い出が刻まれた勲章のようなものかも知れません。



話は飛んでしまいましたが、写真の白虹。



太陽に薄い雲がかかった際に、光の輪が現れる大気光学現象で日暈(ひがさ、にちうん)・白虹(はっこう、

しろにじ)と言うそうです。



ネパールの人が母親の姿を思い浮かべたと思われる、腕を大きく広げた山々の姿と白虹、神々しいまでの写真です。







祈りのために作られたもののようで、お経(サンスクリット?)が記されています(1987年〜1988年)




Fire rainbows: What causes these rare colourful clouds? | How It Works Magazine



2015年12月5日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。





夜明けの至高の時



写真は他のサイトからの引用ですが、肉眼でも夜明け前の雲(昼間でも稀に見えます)が虹色に輝くのを見る時があります。



肉眼ではっきりと見えなくとも双眼鏡(25倍)を使うと、この虹色に輝く雲を視界一杯に広がる姿が見え、まるで天界を歩いて

いるような錯覚さえ覚えてしまいます。



ただ、至高の時であると共に、ありのままの自分を見せつけられてしまう時でもあるんです。



(注意・双眼鏡で太陽を見ないでください。最悪の場合、失明する危険があります。)





Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2015 December 31 - Solstice Sun at Lulworth Cove



2016年1月1日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。





英国の冬至(写真はNASAより引用)

ラルワース・コーヴの日の出から日没(冬至の日)までの太陽の動きを追ったものです。

この海岸(石灰岩層)はジュラ紀という恐竜が闊歩していた時代のものですが、

長い間の波の浸食により入り江が独特な形になったようです。

画像では少し暗くてわかりずらいですが、波打ち際の独特な模様は不思議です。

ラルワース・コーヴの緯度は北海道より遥か上なので太陽も頭上高くは昇らないんですね。

日本でも冬至を過ぎ、太陽が大地から顔を出す位置は少しずつ東に移動し、そして高くなっていきます。





Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2016 May 24 - Milky Way Over the Spanish Peaks



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2016 November 7 - Inverted City Beneath Clouds

2014年に撮影された、ミシガン湖に映ったシカゴの町

(さらに大きな画像)



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2016 December 5 - Lightning over Colorado

巨大な雷雲(アメリカ・コロラド州)



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2017 February 26 - A Supercell Thunderstorm Cloud Over Montana

2010年7月、モンタナ州グラスゴーに出現した「スーパーセル雷雨」



Astronomy Picture of the Day Archive APOD: 2017 April 18 - Night Glows

(大きな画像)


発光のメカニズム、プランクトンの光 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト より以下引用。


最近の研究により、植物プランクトン「渦鞭毛藻(うずべんもうそう)」の生体膜には、プラスの
電気を持つ粒子「陽子」だけを透過させるチャンネルが存在すると明らかになった。


「鞭毛藻のチャンネルには、発光の引き金となる機能がある」と、論文の共著者でシカゴにある
ラッシュ大学の電気生理学者トーマス・デコージー(Thomas DeCoursey)氏は説明する。「電荷を
帯びた粒子を選択的に通過させるチャンネルはいろいろある。人間やマウス、カタツムリなどと
違って、鞭毛藻のチャンネルは大変ユニークだ」。

研究チームは、「海面に浮遊する渦鞭毛藻に周囲の水の動きが電気刺激を与えると、陽子が充満した
部分に伝わる」と推測している。その刺激で「電位依存性プロトンチャンネル」が開き、一連の化学
反応を引き起こす。最終的に、ネオンブルーの発光作用をもたらすタンパク質「ルシフェラーゼ」が
活性化するという。

研究の詳細は2011年10月に「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌で発表されて
いる。




夜明けの詩(厚木市からの光景)

神奈川県厚木市の自宅から撮った「夜明け」の写真を一覧で紹介します。


天空の果実 に戻る







双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

雑記帳(魅せられたもの)

神を待ちのぞむ

天空の果実


「天空の果実」に戻る