「107 Great Chess Battles 1939-1945」

Alexander Alekhine著






アリョーヒンが同時代に活躍した名人達の試合107局(アリョーヒン自身の棋譜は30局)

を詳しく分析した好著。カパブランカ、ケレス、ボゴリュボフ、タルタコワ、レシェフスキーなど

著名な名人や、それ以外の名人たちの局も数多く分析されている。この文献が偉大なと

ころは、1945年、すなわちアリョーヒンが亡くなる1年前までの試合が紹介されていること

で、如何にアリョーヒンが死の直前まで他の棋士達が残した試合の研究に没頭していた

かを垣間見ることができるのではないだろうか。本書でアリョーヒンは長年の宿敵であっ

たカパブランカの死について、「我々はもう二度と現れないだろう偉大なチェスの天才を

失ってしまった」と書いています。

(K.K)


第4代チェス世界チャンピオン、アレクサンドル・アリョーヒンについて詳しくはこちら 

Alexander Alekhine


 


本書107局の中の48局の棋譜

Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!

棋譜を見るにはブラウザ「Internet Explorer」が必要で、
「Google Chrome」では出来ません。
またJAVA アプレットがインストールされていないと棋譜が表示されません。
Javaコントロール・パネルでのセキュリティ・レベルの設定



Chessgames.com







麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実