「Decisive Games in Chess History」

Ludek Pachman著






チェコスロバキアの国民的英雄であったパッハマンの文献。当時共産主義であった

チェコの自由化を訴え「二千語宣言」を起草する。しかしこの宣言がソ連の介入

を呼び「チェコ動乱」となる。その後パハマンは精神病棟に収容されるが、世界の

チェスファンの嘆願により国外追放となる。本書には、65の著名な大会並びに選手権

試合より優れた局を抜粋し分析している。

(K.K)


日本語訳されたパッハマンの名著「チェス戦略大全」全3巻の中のT巻、「チェス戦略大全T 駒の活用法」

日本語訳されたパッハマンの名著「チェス戦略大全」全3巻の中のU巻、「チェス戦略大全U ポーンの指し方とセンター」





Fischer v Pachman, Leipzig Olympiad 1960


Pachman v Najdorf


Pachman v Botwinnik


 
 


Ludek Pachman(パッハマン)

1924年5月11日、チェコスロバキアにて生まれる。チェスで最初に評価されたのは

1943年のプラハにおける国際トーナメントにおいてです。優勝がアリョーヒン、2位が

ケレス、パッハマンは19人中9位の成績でしたが、アリョーヒンは彼に賛辞を送り、

毎晩彼を招待し、ゲームと定跡の分析を行っています。1963年のハバナでのトーナ

メントでは、優勝のコルチノイに次ぐ2位の成績(タリゲラーと同点)が輝かしい成績

として残っています。1959年、パッハマンは2度続けて16歳のフィッシャーに勝利し

ます。彼は最初は共産党員でしたが、後に反共産党に転向し政治的な発言を行うよ

うになります。1968年のアテネでのトーナメントで優勝し、プラハへ帰りましたが、チェ

コスロバキア政府は彼を逮捕し何ヶ月も拷問を受け、パッハマンは自殺を企てます。

1969年のクリスマスイブの日、医師は彼の妻に電話し危篤であることを告げますが、

世界中のチェスファンの嘆願により、1972年西ドイツに移住することができました。

パッハマンは5つの言語で80冊の本を出していますが、「Modern Chess Strategy

を彼自身最も高く評価しています。2003年3月6日西ドイツにて亡くなりました。



 


パッハマンの名局集

Pachman: Meine Seine Besten Partien
Compiled by Garre


Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!

棋譜を見るにはブラウザ「Internet Explorer」が必要で、
「Google Chrome」では出来ません。
またJAVA アプレットがインストールされていないと棋譜が表示されません。
Javaコントロール・パネルでのセキュリティ・レベルの設定






パッハマンの全棋譜

Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!


Chessgames.com

 


この下の試合は1994年、パッハマン70歳のとき、元日本チャンピオンの西村裕之と対戦したもの

です。西村さんは4回日本チャンピオンになり、1995年、ゾーナルで日本人として初めてIMノーム達成

(パフォーマンス2476)した方です。西村さんのホームページには、膨大なチェス用語小辞典(英和)が

掲載されており、とても参考になるのではと思います。

「雑役翻訳屋の生活と意見」


Hiroyuki Nishimura vs Ludek Pachman
It 1994 ・ Sicilian Defense: Lasker-Pelikan. Sveshnikov Variation Novosibirsk Variation (B33) ・ 0-1

Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!

棋譜を見るにはブラウザ「Internet Explorer」が必要で、「Google Chrome」では出来ません。
またJAVA アプレットがインストールされていないと棋譜が表示されません。
Javaコントロール・パネルでのセキュリティ・レベルの設定




西村裕之さんの国際戦の棋譜

Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!

 



以下、2008年9月21日の更新履歴より引用


古今を問わずチェスを愛した数多くの人の中で、人間として最も尊敬を感じるのは誰だろうか?

アビラの聖女テレサ法王レオ13世トルストイツルゲーネフ、セルバンテス(「ドン・キホーテ」の

作者)、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(「星の王子さま」の作者)、プーシキンなど。チェス棋士

では、旧ユーゴスラビアの国民的英雄であったパッハマン、彼は共産主義であった当時のユーゴ

スラビア生まれの著名なチェス名人で、自由化(プラハの春)を訴え「二千語宣言」を起草した一人

でしたが、ソ連軍が軍事介入(チェコ動乱)し、彼は投獄されてしまいます。数ヶ月に及ぶ拷問を受

け、自殺を図ったこともありますが、世界中のチェスファンの嘆願により解放され、西ドイツに移住

することが許されました。そんなパッハマンも2003年の3月6日78歳で亡くなりましたが、彼のチェ

スの戦略を書いた本は今でも名著として高い評価を得ています。そして、このチェコ動乱の際に、ソ

連期待の天才チェス棋士スパスキーは、他のソ連選手と違い、直後の国際トーナメントで黒の腕章を

をつけたチェコ選手のひとりひとりの手を握りしめたのでした。私も含めて、日本人には想像もつか

ないことだと思いますが、当時の体制に異論を唱えることはどれ程危険なことだったでしょう。スパス

キーはその後、伝説になった故フィッシャーとチェス世界選手権(1972年)を戦いますが、彼が暗に

ソ連に抗議した行動は、世界中のチェスファンの胸に今も刻まれています。

(K.K)



Nov. 11, 1972 - Chess Master Ludek Pachman Will Remain In West Stock Photo, Royalty Free Image: 69469306 - Alamy


File:Glicoric Pachmann Oberhausen 1961 high-quality.jpg - Wikimedia Commons

相手はグリゴリッチ







麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実