「星野道夫の仕事 第1巻 カリブーの旅」

星野道夫 写真・文 池澤夏樹 解説 三村淳 構成

朝日新聞社より











私たちが生きてゆくということは、

誰を犠牲にして自分自身が生きのびるのかという、

終わりのない日々の選択である。

生命体の本質とは、他者を殺して食べることにあるからだ。

近代社会の中では見えにくいその約束を、

最もストレートに受けとめなければならないのが狩猟民である。

約束とは、言いかえれば血の匂いであり、

悲しみという言葉に置きかえてもよい。







私たちはある風景に魅かれ、特別な想いをもち、時にはその一生すら賭けてしまう。

風景とは、ひとつの山であったり、美しい川の流れであったり、

その土地を吹き抜けてゆく風の感触かもしれない。

それをもし自然と呼ぶならば、

人間がどれだけ想いを寄せようと、相手はただ無表情にそこに存在するだけである。

私たちの前で季節がめぐり、時が過ぎてゆくだけである。



「星野道夫の仕事 第2巻 北極圏の生命」

「星野道夫の仕事 第3巻 生きものたちの宇宙」

「星野道夫の仕事 第4巻 ワタリガラスの神話」



星野氏の著作「イニュニック(生命)」「Alaska 風のような物語」「旅をする木」

「森と氷河と鯨」「長い旅の途上」「オーロラの彼方へ」「ラブ・ストーリー」「森に還る日」

「最後の楽園」




天空の果実


インディアンの写真集・絵本・CD-ROM・音楽・映画に戻る

私の愛する写真集・絵本