祈りの翼



 




名匠ヘンリー・キングが贈る、奇跡の聖女、ベルナデットの生涯 (DVDより引用)

ナポレオン三世の第二帝政期、フランス、ピレーネ山中の寒村ルルド。ある日、貧しい農夫

の娘ベルナデットは村はずれの洞窟で聖母マリアに出会った。それから無心に祈りを捧げ

に洞窟へ通うベルナデット。しかし村人や家族でさえもその話を信じようとはせず、人々を

惑わすという罪で役人に捕えられてしまう。そんな最中のある日、ベルナデットの祈りの場

所で泉が湧き上がり、その水が人々の病気を癒す、という奇跡が起き始める・・・・。


現在でも多くの巡礼者が訪れる「ルルドの泉」を造った少女ベルナデット。その短い生涯を

「慕情」の名匠ヘンリー・キングが壮大な映像叙情詩に仕上げている。1943年度アカデミー賞

では「カサブランカ」のイングリッド・バーグマンを退け、清らかで美しいジェニファー・ジョーンズ

が主演女優賞に輝いた他、見事5部門を受賞した名作である。(モノクロ作品)


<キャスト&スタッフ>
ベルナデット…ジェニファー・ジョーンズ
アントアン…ウィリアム・イース

監督:ヘンリー・キング
製作:ウィリアム・パールバーグ
原作:フランツ・ウェルフェル 脚本:ジョージ・シートン
字幕翻訳:鈴木京子


 


ルルドの奇跡を映画化した「聖処女」で聖女ベルナデッタ

を好演技した、Jennifer Jones。映画の場面より




Confraternity of Saint Joan of Arc より引用

TV Lourdes - Le direct avec la vie de Sanctuaires Notre-Dame de Lourdes Lourdes(ルルドの生中継の映像)

 


 

 



聖ベルナデッタ(1844〜1879)

以下の紹介は「聖人たちの生涯」池田敏男著 中央出版社より引用


「神は知恵者を辱しめるために世の愚かな者を選び、強い者を辱しめるために、世の弱い

者を選ばれた」(コリント書1の27)。フランスのルルドで聖母のご出現をうけたベルナデット

の生涯にも右の聖パウロのことばがあてはまる。貧しい労働者の家庭に育ち、6歳のときか

ら呼吸はぜん息で困難だったし、胃は病弱、14歳までは読み書きさえできない内気な少女

だった。できることといえば羊の番やタキギ拾いくらいのもの。この少女が聖母のお選びを

うけ、教会史上を飾る偉大な聖女となったのである。


ベルナデッタは、1844年(弘化元年)にフランスはルルド市ラパカ町のボリーという水車小屋

で生まれた。父は名をフランソワ・スビルスといい、麦粉を製造していた。母のルイズ・カステロー

は、きれい好きで、まめに働き、思いやり深い人であった。その年の7月、母がふたたび懐胎し

たので、幼いベルナデッタは、バルテレスの乳母のもとに1年2ヶ月あまり預けられた。両親は

共に信心深く、家族そろって祈りもしたし、ミサにもあずかった。ベルナデッタもよく祈り、おおら

かな気持ちで家の貧しさやぜん息にたえ、いつもにこにこしていた。家では弟妹たちにいじめら

れることがあった。弟妹は貧しさの故に、とうもろこしのパンを食べさせられているのに、病弱な

ベルナデッタだけには、白パンや砂とうの入ったぶどう酒を与えられていたからである。しかし

ベルナデッタは、よくそれにたえ、時にはねだられるままに、自分の食べ物を弟妹に分配するこ

ともあった。


羊飼いとなったベルナデッタは、メダイやロザリオや聖画をポケットに忍ばせて、暇さえあれば

それを取り出して祈っていた。また貧しい家計を手伝うため、ベルナデッタは、妹のトワネットや

他の貧しい娘たちといっしょに紙を拾ったり、古鉄を集めたり、ボロを見付けたりして、カゴがいっ

ぱいになると、古物商のところへもっていって金にかえ、その金を必ず母に手渡した。


1858年、14歳の2月11日、妹ととなりの娘と三人づれで、近くのガーヴ川の岸辺にタキギを

拾いに行った。ベルナデッタがサボ(木靴)をぬいで、薪の多い向こう岸に渡ろうと、ためらって

いるあいだに、他の二人はもう川を渡ってタキギを拾い集めていた。


すると突然、どこからともなくさーっと風のざわめく音がしたので、ふと顔をあげてみると、天然の

洞窟にふしぎな光につつまれた美しい貴婦人が、ベルナデッタの方を向いて立っていた。その

着物はま白く輝き、空色の帯をしめ、頭にかぶった白いヴェールは肩までたれさがり、うやうやし

く両手を合わせ、そのおん腕には金のクサリに白い玉のロザリオをかけていた。その足の下に

は二輪の黄金のバラをふまえ、おん眼はこうこつとして天を仰いでおられた。


ベルナデッタは、びっくりして、何度も目をこすってみたが同じことだった。やがて貴婦人は、おも

むろに十字架のしるしをし、次にロザリオを手に取り、ベルナデッタといっしょに15分ほど祈って

ら姿を消した。帰宅の途中、ベルナデッタは二人に尋ねてみた。「あんたたち、さっき、何か見な

かった」「ううん、何か見えて」二人はベルナデッタのただらなぬ様子に気づいてしつこく問いつ

めた。ベルナデッタは仕方なしに、さっきの出来事を話した。


母親は二人からこの話を聞いて驚き、「ばかな、まるで子供だましだよ。おまえの見まちがいだよ、

何も見なかったのに、見たと思ったんだよ、もうそんな所に行ってはいけないよ」とベルナデッタにき

つく言った。ベルナデッタは洞窟に行きたい心をおさえながら、2、3日家にいた。


しかし魂をうばうような強い衝動にかられて、ついに14日の日曜日、彼女は友だち6人をさそって

洞窟にでかけた。みんなが洞窟の前で祈っていると、たちまちベルナデッタの顔が美しく輝き、その

目は何かにすいつけられたように一点を見つめて喜びにあふれていた。それから友だちのすすめに

従って、それが悪魔のしわざであるかどうか確かめるため、用意していた聖水をふりかけながら、

「神様からつかわされた方なら、お近づきください」というと、婦人はうなずきながら、にっこりほおえ

まれて、ベルナデッタがロザリオをとなえ終わるまで洞窟のふちに立っておられた。他の少女たち

には見えなかったが、ベルナデッタの話しからして、それが聖母マリアであることを知った。


第3回目のご出現のとき、聖母は「15日間ここに来てくださいますか。・・・私はあなたがこの世で

幸福であるとは約束しませんが、あの世で幸福であると約束します」と、ベルナデッタにおっしゃった。

出現の回数がふえるにつれて、奇跡の場面をひと目みようと、洞窟のまわりは黒山のような人だかり

となった。感動したり疑ったり、人びとはこれについていろいろと話題をにぎわした。


聖母はご出現のあいだ、ベルナデッタに「かわいそうな罪人のために祈りなさい・・・・」、「ここに聖堂

を建て、皆が行列をつくってくるようにして欲しいと、神父様方のところへいいにいらっしゃい」と命じた。


9回目のご出現のとき、聖母は「泉の水を飲み、顔を洗い、そこにある草を食べなさい」とおっしゃった

が、それらしいものがないので、指さされたところを掘り出すと、ふしぎにもそこから清水がこんこんと

わき出た。この水はルルドではもちろん、世界各国に送られて、今でも多くの病人をなおしている。


3月25日聖母のお告げの祝日に、ベルナデッタがその名まえを尋ねると、聖母は両手を合わせ、

天を仰ぎながら「私は原罪の汚れなくしてやどった者です」と答えられた。教区の司教も、ルルドの

主任司祭もこの出現については、ひかえめで、むしろ敵意さえ示した。が、世論におされて司教は

ついに、その年の7月28日に、神学者、科学者、医学者からなる調査委員会を組織し、3年以上

にわたって、この事件を精密に調査させた。


その結果、ベルナデッタは誠実そのもので、しかも明せきな判断力をもち、富、名誉、快楽に対し

ては無私無欲で、性格的に少しも異常な点がないこと、文芸の知識がないのに、新しい聖母像や

ことばを正確に述べ、さらに彼女の予言したことが、ひとつひとつ実現されていること。ルルドの水

は町の井戸水と同質のものだが、医学の限界を超えた超自然的な効力のあることなどを、一致し

て認めた。


こうしてご出現の場所は、聖地となり、巡礼者のむれでうずまるようになった。ベルナデッタも人気の

まとになったが、前のとおり家事を手伝い、羊の番を続けた。1866年、22歳のとき、ネヴェールの

博愛教育姉妹会に入会した。病身のため人目につくような活躍はしなかったが、たえず従順、克己、

謙遜、忍耐、隣人愛などを神のみ前で実践した。こうして13年の修道生活をりっぱに終え、1879年、

35歳でこの世を去った。


なおネヴェールでは、ベルナデッタの取り次ぎで多くの奇跡が起こり、ルルドでも1876年には、聖母

のお望みどおり、洞窟のそばに壮麗な聖堂が建てられ、今でも奇跡が続いている。ちなみに、ノーベル

賞の世界的な医学者アレクシス・カレルは、1903年、ルルドで自分も他の医師もサジを投げた少女の

腹膜炎の早期回復に立ち会い、奇跡なんてありうるわけがないという先入観が、事実を前にして一挙に

ふっとんだと「ルルドへの旅」に書いている。


 





死後30年経った1909年、遺体の調査のため地下墓地から掘り出された

ベルナデッタの遺体は全く腐敗しておらず、死んだときそのままの状態で

あった。その後、1919年、1925年と遺体の調査を行なったが共に腐敗

はなかった。神の恩寵を受けた奇跡の人とはこの人のことを言うのだろう。


 
 

「聖者の事典」エリザベス・ハラム編 鏡リュウジ・宇佐和通 訳 柏書房

「聖者伝説 365日、あなたを守護する聖人たちのものがたり」茅真為 著 学習研究社

「聖人たちの生涯 現代的聖者175名」池田敏男 著 中央出版社
 



 




2012年1月11日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。



「ルルドの奇跡」で有名な聖ベルナデッタ(1844年〜1879年)の写真です。



昨日(1月10日)の投稿は少し気合が入りすぎたかなと思いますが、今日も少しだけ真面目に、

長くなりますのでお付き合いください。



私は教会を離れた身です。それは教会が悪いのではなく私自身の弱さ、未熟さがそうさせた

のだと断言できます。話は前後しますが、私は結婚する1ヵ月前にカトリック教会で洗礼を受

けましたが、それはアッシジの聖フランシスコを通してキリスト教に惹かれていたからだと思い

ます。



新婚旅行で、このアッシジ、そしてバチカンを巡りました。当時バチカンにはヨハネ・パウロ2世

に日本語を教えていた西山神父さんがいました。私の妻の知り合いで西山神父さんを知って

いる方がおり、その紹介で私たちは、バチカン宮殿の立ち入りを許可されていないところまで

案内してもらいました。



アッシジでは聖フランシスコゆかりの地を巡礼しました。このアッシジで強く心に残っているのは、

聖フランシスコに語りかけた十字架、彼ら兄弟会の心の故郷ポルチウンクラという小さな礼拝

堂、そして聖フランシスコの精神を最も体現したと言われる聖クララの遺体です。



聖クララの遺体は黒くミイラ化しているものの、死後750年経っても腐敗を免れています。写真

の聖ベルナデッタも死後130年経っても腐敗していません。この「腐敗しない」体というものをど

う捉えていいのでしょう。ちなみに教会には沢山の聖人がいますが、その全てが腐敗しないと

いうことではないのです。アッシジの聖フランシスコもそうですし、前の投稿で紹介したピオ神父

もその遺体は腐敗していました。



この答は一人一人違うのかも知れませんし、現代科学では説明できなくとも将来その秘密が

解明される時が来るかも知れません。ただ当時の私は深く考えもせず不思議な光景だとしか

見ていなかったように思います。バチカン宮殿の奥にあるヨハネ・パウロ2世の「祈る部屋」に

は十字架のないイエス・キリスト像がありました。西山神父さんは「これは法王自らが十字架を

背負わなければならないことを意味している」と説明されておりましたが、この部屋の近くの廊

下に最初の殉教者ステファノの遺体(首)がガラスケースに置かれていました。



私自身歴史には詳しくないのですが、紀元後35年か36年に聖ステファノは石打ちの刑に処せ

られます。そしてそれから約300年後のホノリウス帝の時にステファノの遺体が発見されます。

恐らくそれ以降は人目に触れさせずにバチカンに保管されていたのだと思います。その遺体

(首)は腐敗していませんでした。ただ顔の半分にひどい拷問を受けた跡が残り、耐え難い苦

痛のうちに絶命したことがわかります。しかしこの遺体も十字架のないイエス像と同じように

法王自らが負わなければならない責務を思い起こさせるためなのだと感じてなりませんでした。



聖ステファノ、聖ベルナデッタ、聖クララの腐敗しない遺体をどのように解釈したらいいのでしょ

う。それは神からの伝言であると私は感じています。ただ、その伝言から何を受け取るかは一

人一人に託されているように思います。



最後に私に関してですが、キリスト教の霊性と先住民の霊性が合い交わるところを捜している

のかも知れません。1492年のコロンブスのアメリカ大陸上陸から500年以上にも渡る、先住民

の辿ってきた長き苦難の道にキリスト教も深く関わってきました。その疑問が頭から離れない

でいるのかも知れませんが、ただそんな探求に意味があるのかもわかりませんし、私みたい

なろくでもない野朗がやること自体滑稽なことであり、必ずどこかで挫折するとは思います。そ

んな私でも、心の拠り所としているのは、アウシュビッツで亡くなった無名の女性の魂なのかも

知れません。それを紹介して終わりにします。



☆☆☆

それにも拘わらず、私と語った時、彼女は快活であった。「私をこんなひどい目に遭わしてくれ

た運命に対して私は感謝していますわ。」と言葉どおりに彼女は私に言った。 「なぜかと言いま

すと、以前のブルジョア的生活で私は甘やかされていましたし、本当に真剣に精神的な望みを

追っていなかったからですの。」その最後の日に彼女は全く内面の世界へと向いていた。「あそ

こにある樹は一人ぽっちの私のただ一つのお友達ですの。」と彼女は言い、バラックの窓の外

を指した。外では一本のカスタニエンの樹が丁度花盛りであった。病人の寝台の所に屈んで外

を見るとバラックの病舎の小さな窓を通して丁度二つの蝋燭のような花をつけた一本の緑の枝

を見ることができた。「この樹とよくお話しますの。」と彼女は言った。私は一寸まごついて彼女の

言葉の意味が判らなかった。彼女は譫妄状態で幻覚を起こしているだろうか?不思議に思って

私は彼女に訊いた。「樹はあなたに何か返事をしましたか?-しましたって!-では何て樹は言っ

たのですか?」 彼女は答えた。「あの樹はこう申しましたの。私はここにいる-私は-ここに-いる。

私はいるのだ。永遠のいのちだ。」

フランクル「夜と霧」より引用

☆☆☆



(K.K)


 
 



2012年6月3日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。


聖母マリア(写真は私の家にあるマリア像です)



これまで世界各地に聖母マリアが出現した。その中でカトリックの聖地となったものではルルド、ファティマ

有名かも知れない。



アッシジの聖フランシスコも「小さき花」で描かれているように、イエス・キリストやモーセの臨在を数多く受け

ていた。



私自身の場合、過去に一度だけ神秘体験をしたことがある。苦しみを通り越して自分が息をしているかどう

かわからなかった時のことであるが、ただそれは強いストレスにさらされた脳に快感物質が出たからだと今

は思っている。



ルルドやファティマに出現した聖母は真に神からの伝言だったが、私の場合は脳の防御反応でしかなかった

と感じている。



本当に真偽を見極めるのは難しいと思うし、私には出来ない。



たとえ私の前に過去の偉大な聖人が出現しても私はそれを吟味し続けるだろう。



その現象を自己の心の奥深くに落としながら、それは真なのかと問い続けるだろう。



それは私のような疑い深い人間には長い時間を要するものかも知れないし、時間をかけなければならない

ものだと思う。



ルルドやファティマで聖母を見た少女たち、彼女たちは純真無垢だけでは言い現すことができない何か、神か

らの特別な恩寵を受けていたと感じられてならない。




(K.K)



 







夜明けの詩(厚木市からの光景)

アッシジの聖フランシスコ(フランチェスコ)

神を待ちのぞむ(トップページ)

天空の果実


アメリカ・インディアンの言葉に戻る