ディープブルーvs.カスパロフ
ブルース・パンドルフィーニ著 河出書房新社 より引用







本書 まえがき より引用


時は1996年2月17日、場所はアメリカのフィラデルフィア。ガリ・カスパロフは、勝利と栄光を手に

して対局テーブルから立ち上がった。カスパロフは、人間対機械の究極の対決として注目されてい

た、IBMのスーパーコンピューター、ディープブルーとの6ゲームマッチの最終局で、その相手をう

ち負かしたのであった。人間が機械に4対2のスコアで勝利した。しかし内容はスコアの差以上の

ものがあった。



これまでの世界チャンピオンの中でも最強であるともいえるカスパロフは、コンピューターの暴力的

なまでのしらみつぶしの読みよりも、チェスへの理解と経験で培われた戦略の方がはるかに優れて

いることを世の中に知らしめた。ディープブルーは1秒に1億もの局面を評価することはできたが、

チェスへの本当の理解に必要な、局面の微妙な要素を把握することはできなかったのである。



そして1997年5月11日、ニューヨーク。われわれは前年とは違った光景を見ることになった。人間の

知恵という重荷を背負って戦ったカスパロフは、怒りと絶望をあらわにして対局テーブルから立ち

上がり、完全に打ちひしがれて対局場から立ち去ったのだ。



改良された新しいディープブルーが3.5対2・5のスコアで、最強の人間のライバルをうち破り、世紀

の再戦を制したのだ。最終局はディープブルーの圧勝。それがあまりにも大差だったので、この

結果はあらかじめ用意されていたものであり次のマッチへ興味を引かせる布石である、と発言す

る評論家も出るほどであった。しかし、その騒ぎはほどなくおさまった。IBMが次のマッチを行う

予定はないとニューヨークの記者会見で発表したのだ。IBMの株価の影響か、もしくはカスパロフ

の無礼な振る舞いがIBMの気にさわったのだろうか。



いずれにせよ、IBMはディープブルーで成功を収めた。世界的な巨大企業の全面的なバックアッ

プを得て、優秀なプルグラマーや技術者、そしてチェスのグランドマスターらの協力で開発され、

修正が加えられていったスーパーコンピューターが、最強の人間のチェスプレーヤーと互角に

戦えることを証明したのだ。どうして前年と結果が逆転したのか、チェスというゲームにこれから

どのような影響を与えるのか、人間の頭脳にどのような意味を与えるのか、と疑問はわき起こる。



まさにこれらの疑問が本書を書くきっかけとなったのである。これらのことについて考えているう

ちに、この歴史に残る対決を一手一手初心者にもわかるように解説していけば、その疑問をうま

く説明できるのではないかとひらめいた。



カスパロフが指し手を直感的に考えていく、いわば選別していく指し方であるのに対し、ディープ

ブルーはすべての指し手が力ずくの計算で評価していく。この対照的な2つの指し方が激突する

マッチは、チェスの基本と、どのようにして指し手が決まっていくのか、ということを説明するのに

うってつけなのである。その成果が本書である。このマッチでの差し手を詳細に説明するとともに、

チェスのおける基本的な概念やその応用についても随所紹介しよう。そして、ゲームそのものの

芸術性や美しさ、実践的な評価、チェスを指す楽しみについても触れていくつもりだ。



ブルース・パンドルフィーニ




 
 


本書 あとがき より引用


これは何だったのか? 何が起こったのだ? これは何を意味しているのだ? ただの

チェスのマッチである。そして負けた。それ以外のなにものでもない。それは事実である。

しかし、誰が負けたかが問題である。世界チャンピオンが敗れたのだ。そして、誰に負け

たかが問題である。機械に敗れてしまったのだ。ディープブルーがマッチを制した。これ

は、IBMのスーパーコンピューターがカスパロフより強いチェスプレーヤーであることを意

味するのか。ほとんどの専門家はそうでないと考えているだろう。実際に自分のまわりに

いる専門家に聞いてみるとよい。きっと口をそろえたように、「カスパロフの方がまだ強い。

しかし、その差は縮まっている」と答えるだろう。


しかし、勝ったものが強いのではないのか。だがわれわれは、必ずしもその結果を信じ

うとはしない。特に負けた方が、自分のひいきのプレーヤーであったりチームであった場

合はそうだ。たまたま番狂わせが起こったと考えるであろう。チェスが団体競技ではない

のは誰もが認めるところだが、このマッチはディープブルーを勝たせようとするスペシャリ

ストの団体を相手にしていたのではないか。ある意味では人間対機械のマッチであった

が、別の意味では1人の個人が知性の集積に対して戦っていたのではないか。


実際なぜカスパロフは負けてしまったのだろう。確かにカスパロフの集中力は切れてい

た。変わったオープニングを指してコンピューターを陥れようとするあまり疲れすぎてしまっ

ただけだという専門家も多い。序中盤で有利な局面を得ていたが、普段指し慣れていない

戦形での複雑な変化を考える過程で消耗してしまったのだと。たった8日間ではあったが、

それまで一瞬たりとも気の抜けない5ゲームを戦ったカスパロフには、運命の最終ゲーム

に余力は残っていなかったのだ。そしてその通りの結果になったまでのことだ。


カスパロフにとってもう一つの問題は、対局中の感情である。対局中のプレーヤーを見る

時に、そのプレーヤーの顔の表情やボディー・ランゲージはどうしても気になるだろう。わ

れわれ観客はおもしろがって見ることができるが、対局相手から見ればそのしぐさは脅威

となっているのだ。しかし、コンピューターはこれには影響されない。しかもカスパロフは相

手の反応を見ることさえできないのだ。ディープブルーのオペレーターだけにしか脅威を与

えることができないのである。


ディープブルーそのもの、そしてオペレーターたちも称賛に値するだろう。ディープブルー

は1秒間に評価できる局面の数が前年の2倍となった。マッチの期間中のゲームとゲーム

の間でもプログラムの微調整が可能となっており、微妙で難解な局面も正確に評価できる

ようになっていた。


いろいろな理由を述べてきたが、やはり本当の理由はカスパロフが負けたのはカスパロフ

が最善を尽くさなかったからであろう。カスパロフは、カスパロフらしく指すことさえしなかっ

た。変わったオープニングを選び、過度に注意深く指したということは、カスパロフ最大の

武器である勇敢で華麗な指しまわしを使わずに戦ったことになる。そのような指し手を、こ

のマッチでは全然見ることができなかった。そしてそれらを使わなかったカスパロフにチャ

ンスが訪れることはなかった。カスパロフは、戦いにおける最も基本的な原理を忘れてし

まっていたのか。「自己に忠実になりなさい」を。これを忘れていたらどんなチェスのマッチ

であろうと勝つことは不可能であろう。

ブルース・パンドルフィーニ


 


目次

訳者まえがき

まえがき

第1ゲーム カスパロフ意地の先勝

第2ゲーム ディープブルーの逆襲

第3ゲーム カスパロフのセンス vs. ディープブルーの読み

第4ゲーム ディープブルーの驚異のねばり

第5ゲーム まさに「機械」のドロー

第6ゲーム 最終局でディープブルーに凱歌

あとがき

カスパロフ vs. ディープブルー


 


Kasparov vs Deep Blue

Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!

棋譜を見るにはブラウザ「Internet Explorer」が必要で、
「Google Chrome」では出来ません。
またJAVA アプレットがインストールされていないと棋譜が表示されません。
Javaコントロール・パネルでのセキュリティ・レベルの設定



ディープ・ブルーの全棋譜

Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!



 「決定力を鍛える チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣」ガルリ・カスパロフ著

 





確かに人間はコンピューターに負けてしまった。人間の知性に追いつくことを目標に

コンピューターは進化し、チェスがその格好の試金石となった。時は1997年5月

11日、ニューヨークでの出来事である。この人間チェスチャンピオン・ガルリ・カスパ

ロフとスーパー・コンピューター「ディープ・ブルー」の対戦は、チェスファンに限らず

世界中の多くの人々の関心の的になった。コンピューターの虱潰しに探す戦略を

支えたのが高度に進化した演算速度である。「ディープ・ブルー」は一秒間に数億

の局面を評価することが出来る怪物である。そんな怪物に加えて過去の名人達の

膨大な棋譜も加えられ、カスパロフは目の前の怪物と共に過去の名人の亡霊とも

戦うことを強いられていた。その精神的圧力が彼を押しつぶしたと言っても過言で

はないだろう。この一秒間に数億の局面を評価する怪物とほぼ対等に戦った人間

の知性も賞賛に値するのだが、果たしてこれからチェスは何処へ向かおうとするの

だろう。チェスチャンピオンの座は完全にコンピューターに置き換わってしまうのか、

それとも人間の知性より高度な次元にある直感的な感性がより研ぎ澄まされ、虱潰

しに対抗できるようになるのか。ひょっとしたらこの人間の敗戦は、脳の未知なる

部分に光を当てる新たな試金石になるのかも知れない。人間という存在に横たわ

るまだ解明されていない深い領域に何かを見つけるかもしれない。これらの問い

は、次の世代によって明らかにされてゆくのだろう。そして人間の本質というもの

をも垣間見させてくれるに違いない。

(K.K)


2011年4月27日、チェス・アマチュア Andrew Slyusarchuk(Andriy Slyusarchuk)
が最強チェス・プログラム Rybka4 とのマッチを盲指しで破る



NicolaYvette | "Let your body be a testament to your health"




Kasparov, Garry: Kasparov playing against Deep Blue -- Encyclopedia Britannica Online






Category: Board Games



現存している「ターク」が指した棋譜(ナポレオンとの試合も含む)

1770年から1827年までの7試合

Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!





「謎のチェス指し人形『ターク』」トム・スタンデージ著 服部桂・訳 NTT出版 より以下引用



世界で最も強いチェスの指し手を破るというケンペレンの夢は、ついにかなうこととなった。それは

奇術ではなくコンピュータに託すことで実現した。しかしディープ・ブルーの勝利は、本当に人間に勝っ

たということになるのだろうか。そうとは言い切れない。ちょうどタークがいつも物書きたちに検査され

ながら秘密を暴かれたようとしていたように、ディープ・ブルーもまた詳細な分析を受け批判されてきた。



フィリップ・シックネスが執拗に痛烈に批判したように、アメリカの哲学者ジョン・サールは、「ニューヨー

ク・オブ・ブックス」で、ディープ・ブルーが本当に知的であると見なす考え方に反駁するエッセイを書い

ている。サールはその中で、ディープ・ブルーはその膨大な計算機能力に加えて、人間の専門家が

組み込んだ何千ものルール、もしくは「戦術的重みつけ」を備えていることを指摘している。「本当の

戦いはカスパロフと機械の間ではなく、カスパロフと、技術者とブログラマーのチームとの間で行なわれ

たのだ」と彼は結論づける。ディープ・ブルーもタークのようにイリュージョンを使って、考える機械のよう

に見せているが、実質的には人間の専門家がその中にいるのと同じなのだ。



しかしディープ・ブルーはタークのようなまやかしは使っていない。それを作った技術者は、そのイリュー

ジョンがどのように働いているのかを公開しているし、彼らの作ったものに知能があるなどとは主張して

いない。「私はどっちみちディープ・ブルーに知能があるとは考えていない」とその創造者の1人マレイ・

キャンベルは言っている。「それはある特別な領域で問題を解く優れた道具だ。もしディープ・ブルーが

自己学習する能力を持っていて、試合をすることから学んでいけばいいのだが、しかしそれは1ステップ

ずつ非常な苦労をしながらプログラムされていただけだ」。そしてディープ・ブルーの能力は、その膨大

なルールのデータベースに加えて、力づくの計算能力に依存したものであり、人間の専門家が行ってい

るようなチェスの動きを本能的に読み解く能力は持っていない。





「猫を抱いて象と泳ぐ」 伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの密やかな奇跡 小川洋子著

は、このトルコ人のチェス指し人形「ターク」を題材とした小説です。










元世界チャンピオンのガルリ・カスパロフと将棋の羽生義治のチェス対局が2014年11月28日、

六本木ニコファーレにて行なわれました。持ち時間は各25分で一手につき10秒加算する方式

です。結果はカスパロフの2戦2勝でした。



Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!





























麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実