「ボビー・フィッシャー 魂の60局」

ボビー・フィッシャー著 水野優訳 評言社







水野優さんはこれまで名著と言われるチェス本を2冊邦訳されてきたが、この

「ボビー・フィッシャー 魂の60局」は名著の中でも優れた存在で、フィッシャー

自身のコメントを通してチェス名人が何を考え迷ったかを感じ、そしてその解析

力にまるでフィッシャーの横に座って対局中のチェス盤を見ているような錯覚を

覚えてしまう。単なる高度な解析だけでなく、そこにフィッシャーという一人の人間

性を垣間見ることが出来からそう感じてしまうのかも知れない。素晴らしい文献を

翻訳されたものだ。


(K.K)




水野さんが訳された外国の本



チェス文献「ミハイル・タリ 名局集」 ピーター・クラーク著 水野優・訳 チェストランス出版

「3手読んで勝つ戦術」アーヴィング・チェルネフ+フレッド・ラインフェルド著 水野優訳 チェストランス出版

「実戦的スタディ集」 チェス・クラシックス2 ハンス・ボウメスター著 水野優 訳 チェストランス出版

「チェス上達の手引き」 I.A.ホロヴィッツ+フレッド・ラインフェルド著 水野優訳 チェストランス出版

「チェックメイトの技法」第2版 ジョルジュ・ルノー&ヴィクトル・カーン著 水野優 訳 チェストランス出版

「チェックメイトの技法」ジョルジュ・ルノー&ヴィクトル・カーン著 水野優 訳 チェストランス出版

「グランドマスターのように考えよう」アレクサンダー・コトフ著 水野優・訳 チェストランス出版

「161 ミニチュア(短手数局)集」レナード・バーデン ヴォルフガング・ハイデンフェルト著 
水野優 訳 チェストランス出版


「チェス 終盤の基礎知識」ユーリ・アヴェルバッハ 著 水野優 訳 チェストランス出版

チェス文献「終盤の300題」アーヴィング・チェルネフ著 水野優訳 チェストランス出版

「いちばん学べる名局集」アーヴィング・チェルネフ著 水野優訳 チェストランス出版

「ボビー・フィッシャー 魂の60局」ボビー・フィッシャー著 水野優訳 評言社





 「チェス棋士、ボビー・フィッシャー(Bobby Fischer) ・チェス世界チャンピオン」

を参照されたし。


 




本書 帯文 より引用


ガルリ・カスパロフ
「フィッシャーは、チェス界に残した偉大な功績と、不滅のゲームによって
記憶されるべき棋士である。」



ボリス・スパスキー
「彼の完璧な天賦の才能にはいつも感銘させられた。チェス、そして人生の
両面において。」



チグラン・ペトロシアン
「フィッシャーは並外れている。局面の難解なところを一目で見出し、一目で
解いてしまう。」



マグヌス・カールセン
「一見ありふれた手の積み重ねで、いとも簡単に勝利したかのように見せる
のが、フィッシャーのすごいところだ。」



羽生善治
「フィッシャーのゲームはアグレッシブで技の決め方が見事です。この本は
フィッシャーの名局が解説つきで鑑賞できるチェスファンの皆様にお薦め
の1冊です。初心者から上級者まで多くの人が楽しめます。」



森内俊之氏
「私がチェスを上達していくうえで大きな影響を受けた一人がフィッシャーで
す。地味な応酬になりがちなチェスボード上でダイナミックなコンビネーショ
ンを生み出すフィッシャーのゲームは芸術と言えるでしょう。」



 


本書 「解説:ボビー・フィッシャーの息づかいが伝わってくる本」
渡辺暁(ラテンアメリカ研究者 1999〜2001全日本チャンピオン)より抜粋引用



ボビー・フィッシャーのMy 60 Memorable Gamesは世界で最も有名な、そして最も読まれてきた

チェスの本の一つといっても過言ではない名著である。(中略) ところで、40年も前に出版された

この本がなぜ今でも新鮮で、読者に多くを訴えかけてくるのだろうか。おそらくその秘密は、本書

を通してフィッシャーの思考の過程を追体験することができる、という点にあるのではないか、と

筆者は考える。すでに述べられたような、勝利に至る思考の論理的な解説に加え、本書には彼

の失敗作もおさめられている。3局の敗戦はもとより、第12局の簡単に引き分けだと思っていたが

実は負け筋があった最終盤での思い違いに見られるように、彼ほどのプレーヤーでも悪手を指せ

ば、勝てるゲームを落としたりもしている。そんなときに彼は、当時の自分の心理状態に加え、失敗

から学ぶ姿勢やその成果を、読者に見せてくれているのだ。エピグラフのラスカーの言葉が象徴

するように、ここまでチェス盤の上での「真実」に対して真剣な本は、なかなかないだろう(実際、フィ

ッシャーは本書の分析は完璧だと自慢していたそうである)。つまりこの本は、フィッシャーがそこま

で自分の思考過程や心の動きを明らかにしている、彼の息づかいが伝わってくる本なのだ。



(中略)



このエピソードが示すように、10代前半ですでに才能を見せはじめていたかカスパロフは、1985年

に世界選手権マッチで勝利し、その後20年間にわたって世界チェス界に君臨することになるが、チャ

ンピオンはチャンピオンを知ると言うべきか、フィッシャーについて様々な面白い指摘をしている。

少年時代に本書の愛読者でもあった彼は、フィッシャーは最初のプロフェッショナル・チェスプレー

ヤーであり、彼の指した一局一局のゲームも重要だが、チェスに対する全般的な態度そのものが

特別だったと述べ、どんなレベルのプレーヤーでも彼のゲームを勉強し、チェスに対する真摯な姿勢

を学ぶべきだ、とも付け加えている。



どんなスポーツ・競技でも、ある天才の出現が競技そのものの質を変えてしまうことがあるが、20世紀

半ばのチェスの場合、フィッシャーがその人物だったと言えるだろう。さらに言えば、フィッシャーの存在

はチェスの世界を超えて、社会現象ともなった。特に世界選手権での勝利は、東西冷戦下におけるソ連

と西側の様々な対立の中でのアメリカの一つの勝利として大々的に取り上げられた。チェスが社会的

にこれだけ注目を集めたのは、この「世紀のマッチ」を除けば、カスパロフがコンピューターに敗れたと

きくらいだろう。



 


本書 「訳者序文 水野優」 より抜粋引用



本書は、ボビー・フィッシャーの著作(各局冒頭はラリー・エヴァンズによる)My 60 Memorable Gamesの

日本語訳です。旧式の記譜表記は、現在使われている代数式に変換しました。チェスのルールに関する

記述はありませんが、記譜と用語集を細補足しました。1985年に『ボビー・フィッシャーのチェス入門』

初めてチェスに魅了された私が、フィッシャーのもう一つの主著の翻訳出版へとこぎ着けたわけですが、

その四半世紀の間にフィッシャーのみならずエヴァンズまで他界してしまいました。



(中略)



翻訳することによって、いままでつまみ読みだけだった原書を熟読できたのは得難い経験でした。「天才」

や「奇人」の一言で片づけられることが多いフィッシャーが、過去のチェス文献に精通し、ライバルや憎き

ソ連棋士に対しても盤上ではフェアで真摯に接してきたことが実感できます。 晩年には日本とも少なから

ぬ関係があったフィッシャーですが、メディアではアイスランドへ出国するまでの不幸な面ばかりが注目され

てしまいました。本書では、世界チャンピオン以降の奇行は忘れて、彼のチェス求道者としての純粋な面を

じっくりとご堪能ください。



 

 




 



この文献に収録されている棋譜

Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!

棋譜を見るにはブラウザ「Internet Explorer」が必要で、
「Google Chrome」では出来ません。
またJAVA アプレットがインストールされていないと棋譜が表示されません。
Javaコントロール・パネルでのセキュリティ・レベルの設定


Chessgames.com







麗しき女性チェス棋士の肖像

夜明けの詩(厚木市からの光景)

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実