「生物と無生物のあいだ」

福岡伸一 著 講談社現代新書










福岡伸一(ふくおか・しんいち)



生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学研究員、

京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。研究のかたわら、「生命と

は何か」を分りやすく解説した著作を数多く著す。



狂牛病が問いかけた諸問題について論じた『もう牛を食べても安心か』(文春

新書)で科学ジャーナリスト賞、ノーベル賞受賞の定説に一石を投じた『プリオ

ン説はほんとうか?』(講談社ブルーバックス)で講談社出版文化賞科学出版

賞を受賞。また、2007年に発表した『生物と無生物のあいだ』(講談社現代

新書)は、サントリー学芸賞、およぼ中央公論新書大賞を受賞し、ベストセラー

となる。他に、『ロハスの思考』(ソトコト新書)、『生命と食』(岩波ブックレット)、

『できそこないの男たち』(光文社新書)、『世界は分けてもわからない』(講談

社現代新書)、エッセイ集『ルリボシカマキリの青』(文藝春秋)、対談集『エッジ

エフェクト 界面作用』(朝日新聞社)、翻訳に『エレファントム』『思考する豚』

(ともに木楽舎)、『すばらしい人間部品産業』(講談社)など。



福岡伸一オフィシャルブログ「福岡ハカセのささやかな言葉」



 


本書 より抜粋引用


おそらく終始、エイブリーを支えていたものは、自分の手で振られている試験管の内部で

揺れているDNA溶液の手ごたえだったのではないだろうか。DNA試料をここまで純化して、

これをR型菌に与えると、確実にS型菌が現れる。このリアリティそのものが彼を支えてい

たのではなかったか。



別の言葉でいえば、研究の質感といってもよい。これは直感とかひらめきといったものと

はまったく別の感覚である。往々にして、発見や発明が、ひらめきやセレンディピティによっ

てもたらされるようないい方があるが、私はその言説に必ずしも与(くみ)できない。むしろ

直感は研究の現場では負に作用する。これはこうに違いない! という直感は、多くの場

合、潜在的なバイアスや単純な図式化の産物であり、それは自然界の本来のあり方とは

離れていたり異なったりしている。形質転換物質についていえば、それは単純な構造しか

持ちえないDNAであるはずがなく、複雑なタンパク質に違いないという思考こそが、直感の

悪しき産物であったのだ。



あくまでコンタミネーションの可能性を保留しつつも、DNAこそが遺伝子の物質的本体であ

ることを示そうとしたエイブリーの確信は、直感やひらめきではなく、最後まで実験台のそば

にあった彼のリアリティに基づくものであったのだ。そう私には思える。その意味で、研究と

はきわめて個人的な営みといえるのである。



博士号とかけて足の裏についた米粒と解く

そのこころはとらないとけったくそ悪いが、とっても喰えない



そんな戯れ言葉を先輩から聞かされていた。実際、思うに任せぬ実験に日夜明け暮れ、

ようやく博士号にたどり着いたはよいが、先の視界はあまり開けていないのが普通だ。

研究者としての就職口はごく限られている。幸運ならば大学助手のポジションにありつけ

る。ようやく好きなことをしてお金がもらえるようになる、と思ったら大きな誤りだ。お金を

もらえるようになるのは事実だが、それ以外はまったく違う。



助手に採用されるということはアカデミアの塔を昇るはしごに足をかけることであると同時

に、ヒエラルキーに取り込まれるということでもある。アカデミアは外からは輝ける塔に見え

るかもしれないが、実際は暗く隠微なたこつぼ以外のなにものでもない。講座製と呼ばれ

るこの構造の内部には前近代的な階層が温存され、教授以外はすべてが使用人だ。助手

・・・講師・・・助教授と、人格を明け渡し、自らを虚しくして教授につかえ、その間、はしごを

一段でも踏み外さぬことだけに汲々とする。雑巾がけ、かばん持ち、あらゆる雑役とハラス

メントに耐え、耐え切った者だけがたこつぼの、一番奥に重ねられた座布団の上に座るこ

とができる。古い大学の教授室はどこも似たような、死んだ鳥のにおいがする。



死んだ鳥症候群という言葉がある。彼は大空を悠然と飛んでいる。巧成り名を遂げた大教

授、優雅な翼は気流の流れを力強く打って、さらに空の高みを目指しているようだ。人々は

彼を尊敬のまなざしで眺める。



死んだ鳥症候群。私たち研究者の間で昔からいい伝えられているある種の致死的な病の

名称である。



私たちは輝くような希望と溢れるような全能感に満たされてスタートを切る。見るもの聞くも

ののすべてが鋭い興味を掻きたて、一つの結果が次ぎの疑問を呼び覚ます。私たちは世界

の誰よりも実験の結果を早く知りたいがため、幾晩でも寝ずに仕事をすることをまったく厭う

ことがない。経験を積めば積むほど仕事に長けてくる。何をどうすればうまくことが運ぶのか

がわかるようになり、どこに力を入れればよいのか、どのように優先順位をつければよいの

かが見えてくる。するとますます仕事が能率よく進むようになる。何をやってもそつなくこなす

ことができる。そこまではよいのだ。



しかしやがて、最も長けてくるのは、いかに仕事を精力的に行っているかを世間に示すすべ

である。仕事は円熟期を迎える。皆が賞賛を惜しまない。鳥は実に優雅に羽ばたいているよ

うに見える。しかしそのとき、鳥はすでに死んでいるのだ。鳥の中で情熱はすっかり燃え尽き

ているのである。



俗流進化論にマイクをまわせば、きっと彼らは次のように説明するはずだ。進化の原動力は

突然変異である。突然変異に方向性はなくランダムに起こる。生命の歴史のあるとき、ランダ

ムな突然変異が生じ、分節を持つ生物が生み出された。分節を持つ生物は、分節を持たない

滑らかな生物に比べ、不気味な形態となったが、文節を持つことの有利さをも享受することに

なった。たとえば、分節による機能の分担や繰り返し構造に伴う物質利用の効率化、あるいは

損傷の際、被害をその分節内だけにとどめることができる有利さやそのことによる修復のしや

すさなどである。こうして分節を持つ生物はより環境に適合し、分節を持たない生存競争に打ち

勝ち、今日、あまねく分節を持つ生物が広がったのである、と。



しかし私は、現存する生物の特性、特に形態の特徴のすべてに進化論的原理、つまり自然淘汰

の結果、ランダムな変異が選別されたと考えることは、生命の多様性をあまりに単純化する思考

であり、大いなる危惧を感じる。



むしろ、生物の形態形成には、一定の物理的な枠組み、物理的な制約があり、それにしたがっ

て構築された必然の結果と考えたほうがよい局面がたくさんあると思える。分節もその例である。



生命とは何か? それは自己複製するシステムである。DNAという自己複製分子の発見をもとに

私たちは生命をそのように定義した。



ラセン状に絡み合った二本のDNA鎖は互いに他を相補的に複製しあうことによって、自らのコピー

を生み出す。こうしてきわめて安定した形で情報がDNA分子の内部に保存される。これが生命の

永続性を担保している。確かにそのとおりである。



しかし、私たちが海辺の砂浜で小さな貝殻を拾ったとき、そこに生命の営みのあとを感じることが

できるのは、そして貝殻が同じ場所に同じように散在する小石とはまったく別の存在であることを半

ば自明のものとできるのは、そこに生命の第一義的な特徴として自己複製を感じるからだどうか。

おそらくそうではない。



自己複製が生命を定義づける鍵概念であることは確かではあるが、私たちの生命観には別の支え

がある。鮮やかな貝殻の意匠には秩序の美があり、その秩序は、絶え間のない流れによってもたら

された動的なものであることに、私たちは、たとえそれを言葉にできなかったにしても気づいていたの

である。



美に共鳴しあう生命



 


目次

プロローグ

第1章 ヨークアベニュー、66丁目、ニューヨーク

第2章 アンサング・ヒーロー

第3章 フォー・レター・ワード

第4章 シャルガフのパズル

第5章 サーファー・ゲッツ・ノーベルプライズ

第6章 ダークサイド・オブ・DNA

第7章 チャンスは、準備された心に降り立つ

第8章 原子が秩序を生み出すとき

第9章 動的平衡とは何か

第10章 タンパク質のかすかな口づけ

第11章 内部の内部は外部である

第12章 細胞膜のダイナミズム

第13章 膜にかたちを与えるもの

第14章 数・タイミング・ノックアウト

第15章 時間という名の解けない折り紙

エピローグ


 


2012年2月29日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。



写真は「On This Earth: Photographs from East Africa」Nick Brandt著という写真集からです。



1987年、乱獲で生き残っていた3頭の象は1990年にはたったの1頭になっていた。人々は最後の

象、彼女のことを太母(メイトリアーク)と呼んだ。しかし彼女は何処かへ消える。以下、この物語に少

し耳を傾けたい。



☆☆☆☆



生涯、母系社会を維持し、常にコミュニケーションを取り合って暮らしてきた象が、たった1頭のこされ

たとき、彼女はいったい、どこへ行くのだろうか。ワトソンにはある確信があった。彼は、少年時代を

過ごした南アフリカのある場所で、かつて象を見たことがあったのだ。



それはクニスナ地区から国道を越え、森林地帯が終わるころ、そこでアフリカの大地は突然、崖となり、

その下の海面に垂直に落ち込む。切り立った壁の上から大海原が見渡せる。



はたして、ワトソンは、その崖の上にたたずむメイトリアークを見た。そしてその光景を次のように書

き記した。



「私は彼女に心を奪われていた。この偉大な母が、生まれて初めての孤独を経験している。それを

思うと、胸が痛んだ。無数の老いた孤独な魂たちが、目の前に浮かび上がってきた。救いのない

悲しみが私を押しつぶそうとしていた。しかし、その瞬間、さらに驚くべきことが起こった。



空気に鼓動が戻ってきた。私はそれを感じ、徐々にその意味を理解した。シロナガスクジラが海面に

浮かび上がり、じっと岸のほうを向いていた。潮を吹きだす穴までがはっきり見えた。



太母は、この鯨に会いにきていたのだ。海で最も大きな生き物と、陸で最も大きな生き物が、ほんの

100ヤードの距離で向かい合っている。そして間違いなく、意志を通じあわせている。超低周波音の

声で語りあっている。



大きな脳と長い寿命を持ち、わずかな子孫に大きな資源をつぎこむ苦労を理解するものたち。高度

な社会の重要性と、その喜びを知るものたち。この美しい希少な女性たちは、ケープの海岸の垣根

越しに、互いの苦労を分かち合っていた。女同士で、太母同士で、種の終わりを目前に控えた生き

残り同士で」



☆☆☆☆



この物語は「エレファントム」ライアル・ワトソン著で描かれているが、これを紹介した「動的平衡」福岡

伸一著で初めて私はこの物語に触れた。



真偽はわからないが、間違いなく言えることは多くの先住民や生き物たちが、絶滅する直前に感じた

孤独感や喪失感を、この物語は見事に描いている。



もし、自分がたった一人、この地球に取り残されたたった一人の人類だとしたら何を感じるのだろう。



☆☆☆☆



(K.K)



 

 


2012年3月2日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。



「生命とは自己複製を行うシステムである」



私の机の上に置いてある鉄腕アトム。小学生の頃、胸をワクワクしながらテレビの画面に魅入って

いた。アトムは「ひょっこりひょうたん島」のダンディと並んで、これからもずっと私のヒーローであり

続けるだろう。



アトムはロボットだが、生命(生物)とは何だろうとその定義を探してみた。生物学では「生命とは自己

複製を行うシステム」だが、この定義だとアトムは生物になる可能性がある。勿論、生物学で言って

いるこの自己複製の意味はDNAのことなのだが、アトムほどの人工知能があれば、別の意味で自分

の複製を作り続けることは可能のような気がする。またこの意味とは別に、この生命の定義に何か

釈然としないものを感じていた。



最近、分子生物学者の福岡伸一さんの本を読んだが、この生命の定義に対して同じ疑問を感じて

おられ、また他に多くのことを教えてくれた。福岡さんはベストセラーになった「生物と、無生物のあ

いだ」や「動的平衡」など沢山の本を出されているが、その中に生命とはという定義を次のように書

いている。



「生命とは動的平衡にある流れである」



今アトムを見つめる私は、1年前と同じ私のままである。しかしその身体を作る細胞は絶えず自己

複製をしながら、1年前とは全て違う分子で出来ている。生命とは、「その流れがもたらす『効果』で

あるということだ。生命現象とは構造ではなく『効果』なのである」(『動的平衡』より引用)。



この定義だとアトムは生命(生物)ではない。



でも、もしアトムが目の前に現れたら、私は人間(生物)と同じと感じるかも知れない。確かにその

身体は金属の構造で出来ており「動的平衡にある流れ」ではないが、アトムは美と共鳴する何か

を持っている。美それは創造主・神と置き換えてもいいかも知れない。



私たち生物にしろ、ロボットにしろ、それは同じ素粒子(クォーク)から出来ている。これ以上分解

できない単子が素粒子なのだが、この素粒子の正体は振動ではないかと最近の量子力学は捉

えている。



銀河系や太陽系が出来る遥か以前、或いは宇宙創生の頃の素粒子の振動は形を変えずに現在

も保持され続ける性質を持ったものだろうか。



そして私の身体を作っている素粒子、その振動は何を記憶しているのだろうとも考えてしまう。振動

と記憶を結びつけて考えること自体滑稽であり、自分の頭がますますおかしくなっているのではとさ

え思う。



ただ



美(創造主・神)と素粒子という二つの振動が共鳴しあっていたとしたら。

共鳴し合いながら、長い時間をかけて生物の多様性を形作ってきたとしたら。



机の上にちょこんと立っているアトムを見ると、小学生の頃テレビや漫画で見たアトムにも美(創造

主・神)に共鳴するものが宿っていると感じてしまうのだ。



最後に、私は量子力学を勉強したわけでもなく、ただ自分の想いや願いに同調する言葉だけを捉え

て無理に結び付けようとする危険性を犯していますので、一人の狂人の笑い話と捉えていただけた

ら幸いです。



☆☆☆☆



哲学者・梅原猛さんの言葉(「アイヌの霊の世界」藤村久和著より)を紹介して終わりにします。



「人間にたいする愛情のない学問というものはつまらないものだ。

どこかはずれているのだ。」



☆☆☆☆



(K.K)



 

 

2016年1月17日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。



本日1月17日の夜明けです。


大きな白い鳥を肩に載せて散歩している人に興味が湧き雑談したが、この鳥は話すと言う。



確かに彼が話しかけると良く話す。名前は失念したがキバタンの仲間なのかも知れない。



その方(56歳)は細胞の増殖を抑える研究が主で、動物実験では成功しつつあるものの、将来はがん細胞を

押さえる研究に結びつけたら、と願っていた。



ソニーに勤めていたが、独創的な研究が認められ、今は研究員として東大の研究所で働いている。



ただ、大学の研究員は有期雇用(現在は数年毎の更新)であり、生活が苦しいときはコンビニでバイトをして

いますと笑っている。



人の生き方は様々で安定した生活を望む人もいれば、生活が多少不自由であっても探究に情熱を燃やす

人もいる。



彼は後者のタイプだが、その顔に非痛感はなく、「私たちの研究が認められるのは、私が死んだ後になるで

しょうね」と、近くにいた彼の息子(小学生)を見ながら笑っていた。



彼とは初対面でありながらも、彼の研究や宇宙(JAXA・宇宙航空研究開発機構)の話まで広がっていったが、

このような名もない数多くの人の土台があってこそ、花咲く土壌が出来ていくのだろうか。



彼と、その息子さんの晴れ晴れしい笑顔に、少しだけ未来への希望を感じた。





Forgetful? Distracted? Foggy? How to keep your brain young | The Independent




人類発祥時からの流れをつかむ、その探求を避けては真の哲学の意味など見出せないでしょう。

哲学=西洋哲学ではなく、人類が先ず世界とどのように関わってきたのか、太古からの生き方を

受け継ぐ世界各地の先住民族の考え方や視点、そしてその世界観を知ることを基底としなければ

ならないと思います。現在の自分自身の立っている場を正しく捉えるためにも、この探求は必要

不可欠なものだと感じます。



「ギリシャ、エジプト、古代印度、古代中国、世界の美、芸術・科学におけるこの美の純粋にして正しい

さまざまの反映、宗教的信条を持たない人間の心のひだの光景、これらすべてのものは、明らかに

キリスト教的なものと同じくらい、私をキリストの手にゆだねるために貢献したという私の言葉も信じて

いただいてよいと思います。より多く貢献したと申してもよいとすら思うのです。眼に見えるキリスト教

の外側にあるこれらのものを愛することが、私を教会の外側に引き留めるのです。」

シモーヌ・ヴェイユ「神を待ちのぞむ」より






アビラの聖女テレサ(イエズスの聖テレジア)の生涯と「霊魂の城」

「夜と霧」 ドイツ強制収容所の体験記録 ヴィクトール・フランクル著 霜山徳繭訳 みすず書房

「100の思考実験: あなたはどこまで考えられるか」ジュリアン バジーニ (著), 河井美咲 (イラスト), 向井 和美 (翻訳) 紀伊国屋書店

「薩垂屋多助 インディアンになった日本人」 スーザン小山 著

「シャーマニズムの精神人類学」癒しと超越のテクノロジー ロジャー・ウォルシュ著 安藤治+高岡よし子訳 春秋社

「哲学大図鑑」ウィル バッキンガム (著), 小須田 健 (翻訳) 三省堂

「チベット永遠の書・宇宙より遥かに深く」テオドール・イリオン著 林陽訳 徳間書店

「人類哲学序説」梅原猛・著 岩波新書

「日本人の魂の原郷 沖縄久高島」比嘉康雄著 集英社新書

「みるみる理解できる相対性理論」Newton 別冊

「相対性理論を楽しむ本」よくわかるアインシュタインの不思議な世界 佐藤勝彦・監修

「生物と無生物のあいだ」福岡伸一 著 講談社現代新書

「英語化は愚民化」施光恒・著 同化政策の悲劇を知らない悲しい日本人

「進化しすぎた脳」 中高生と語る大脳生理学の最前線 池谷裕二著 講談社

「野の百合・空の鳥」&「死に至る病 」(漫画) キルケゴール(キェルケゴール)

「生と死の北欧神話」水野知昭・著 松柏社

プラトン 「饗宴」・「パイドロス」

「人類がたどってきた道 “文化の多様化”の起源を探る」海部陽介著 NHKブックス

良寛『詩歌集』 「どん底目線」で生きる  (100分 de 名著) NHKテレビテキスト 龍宝寺住職 中野東禅・著

カール・ラーナー古希記念著作選集「日常と超越 人間の道とその源」カール・ラーナー著 田淵次男 編 南窓社

「ネイティブ・アメリカン 叡智の守りびと」ウォール&アーデン著 舟木 アデル みさ訳 築地書館

「ホピ 神との契約」この惑星を救うテククワ・イカチという生き方 トーマス・E・マイルス+ホピ最長老 ダン・エヴェヘマ 林陽訳 徳間書店

「火の神の懐にて ある古老が語ったアイヌのコスモロジー」松居友著 小田イト語り 洋泉社

「新版 日本の深層」縄文・蝦夷文化を探る 梅原猛 著 佼成出版社

「沖縄文化論 忘れたれた日本」岡本太郎著 中公文庫

サンデル「正義とは」ハーバード白熱教室 & 「ソクラテスの弁明(マンガで読む名作)」プラトン・原作

「意識の進化とDNA」柳澤桂子著 集英社文庫

「宗教の自殺 さまよえる日本人の魂」 梅原猛 山折哲雄 著 祥伝社

「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」福岡伸一 著 木楽舎

「アンデス・シャーマンとの対話」宗教人類学者が見たアンデスの宇宙観 実松克義著 現代書館

「沖縄の宇宙像 池間島に日本のコスモロジーの原型を探る」松井友 著 洋泉社

「木が人になり、人が木になる。 アニミズムと今日」岩田慶治著 第16回 南方熊楠賞 受賞 人文書館

「史上最強の哲学入門」飲茶・著 河出文庫

「10代からの哲学図鑑」マーカス・ウィークス著 スティーブン・ロー監修 日暮雅通・訳 三省堂

「面白いほどよくわかるギリシャ哲学」左近司 祥子・小島 和男 (著)

「哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン」マーク・ローランズ著 今泉みね子・訳 白水社

「エデンの彼方」狩猟採集民・農耕民・人類の歴史 ヒュー・ブロディ著 池央耿・訳 草思社

「ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く」 リサ・ランドール著 塩原通緒・訳 NHK出版

「カラマーゾフの兄弟 (まんがで読破)」ドストエフスキー・作 バラエティアートワークス

「罪と罰 (まんがで読破)」ドストエフスキー・作 バラエティアートワークス

「夜間飛行 (まんがで読破)」サン=テグジュペリ・作 バラエティアートワークス

「若きウェルテルの悩み (まんがで読破)」ゲーテ・作 バラエティアートワークス



美に共鳴しあう生命

オオカミの肖像








美に共鳴しあう生命

祈りの散文詩集

神を待ちのぞむ(トップページ)

天空の果実


美に共鳴しあう生命